フォルクスワーゲンの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等
GooWORLD.jpトップGooWORLD.jpトップ Goo-netトップGoo-netトップ MyページMyページ サイトマップサイトマップ サイトマップお問合せ
GooWORLD.jp
フォルクスワーゲン ブランドページ
ブランドTOP
中古車検索
インプレッション
カタログ
愛車自慢
特集
Goods
認定中古車センターを探す
認定中古車を探す
Goo-netトップ
フォルクスワーゲン フォルクスワーゲンの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。
TOP > インプレッション > VOLKSWAGEN JETTA
試乗レポート
VOLKSWAGEN JETTA
VOLKSWAGEN JETTA フォルクスワーゲン・ジェッタ
NEWCAR impression ■発表 2006・1
VOLKSWAGEN JETTA
まさに想定外のポテンシャル
コストパフォーマンスで太鼓判
ジェッタ2.0TはゴルフGTIに匹敵する高性能……
4ドアサルーンとしての要件を高いレベルで満たしたうえ
コストパフォーマンスは抜群といえる
すべてにおいてインパクト抜群
 小型車のリーダーシップを堅持するVWは、上級セグメントへの挑戦に意欲を燃やしている。となれば、ゴルフとパサートの中間に位置づけられるジェッタに力を注ぐのもうなずける。
 そもそもジェッタは、初代が79年にデビュー。ハッチバックのゴルフに対し、3ボックスサルーンとして注目を集めた。代を重ねるにしたがい、第3世代ではヴェント、98年デビューの第4世代ではボーラと改称。第5世代となる最新モデルで、ジェッタ復活という経緯がある。
 先代となるボーラと比べると、ボディはサイズアップ。ミディアムクラスとしても十分に通用するほどのグレードアップが成された。ラインアップは、2LFSI搭載の2.0、同ターボの2.0Tの2タイプ。ミッションはそれぞれティプトロニック付き6速AT、6速DSGが組みあわされる。
 このうち、なんといってもインパクト抜群なのが2.0T。フルスロットルをくれるや、目を見張るパフォーマンスでこたえてくれる。シフトアップポイントは6800回転、Dレンジホールドでさえめいっぱいパワフルさを体感させてくれる。が、DSGの持ち味を存分に楽しむには、マニュアル操作がいちばん。セレクトレバーのシーケンシャルシフトでも、ステアリングのパドルシフトでもよし、レスポンス抜群のアップ/ダウンがキメられる。強いて言えば、ワンタッチで操作できるパドルシフトの方が特徴が生かされる。
 ターボとはいえ、とくにタイムラグはなく、全域スムーズ。ことに中速域から6800回転までの切れ味はシャープ。その特性をフルに生かして、自在なまでにパドルシフトをキメれば、名うてのスポーツモデル以外には遅れをとることはない。ゴルフGTIの加速レスポンスも素晴らしいが、ジェッタ2.0Tも、遜色ないポテンシャルを発揮する。
ハンドリングもまたトップランク
 100km/hは、6速2400、5速2800、4速3600、3速4900回転。もちろん、高速走行時のレスポンスと能力もハイレベル。それは、絶対パワーに差はあっても、最高150馬力の2.0にも当てはまる。パワーはこれで十分だし、6速100km/hは2200回転たらず。2.0Tに比べ70万円安いというのも魅力。乗りやすさ、基本能力の高さを考えると、ハイポテンシャルでなくてもよければ、2.0も自信をもってお勧めできる。
 それにしても、2.0Tのトータル面でのハイパフォーマンスぶりは、群を抜いている。3回転弱のパワステは、しっかりとした保舵感があり、インフォメーションもたしか。サスペンションは硬めでも、ショックには角がない。つまりショックの吸収がたくみということだ。ハイスピードコーナリング時には安定した姿勢を保ったまま、思いどおりのラインをトレース。ゴルフGTIよりは、わずかにマイルドなようだが、その気になってワインディングロードを走れば、クイックかつスタビリティの高さに魅了される。アベレージスピードの速さといったら、あきれ返るほどのものがある。ポロやゴルフのGTIといい、最近のVWは、のりにのっている。
 高性能な2.0Tの弱点を強いてあげれば、路面によってのロードノイズと、低周波の風切り音。とはいいつつも、大きな魅力に対すれば、微々たるものかも。
文●横越光廣 写真●内藤敬仁
Detail Check
エクステリア
VOLKSWAGEN JETTA ●スポーティかつエレガント。クロームモールなどが引き立つマスクは、グッとくるような独特の表情を見せる。2.0Tには、ガスディスチャージヘッドランプ、ヘッドランプウォッシャー、フォグランプが標準装備。プロポーションはアグレッシブかつスマート。Cd値は0.31の空力フォルムをもつ。
VOLKSWAGEN JETTA VOLKSWAGEN JETTA VOLKSWAGEN JETTA ●従来のボーラと比べると、全長×全幅×全高×ホイールベースは、190×50×5(2.0は25)×60mmの拡大。最近の傾向からすれば、リヤのオーバーハングは長め。
インテリア
VOLKSWAGEN JETTA ●電動シートはリフト可変量が大きく、スポーツ派にはうれしい低めの着座高がとれる。ポジションは万全。 VOLKSWAGEN JETTA ●後席シートはゆったりサイズで座り心地がよい。上級感が味わえること、前方視界のよさも開放的でよい。
コックピット
VOLKSWAGEN JETTA ●レザーリムの電動ステアリングは、チルト&テレスコ機能付き。メーター、スイッチ類は機能的で、配置、デザインともに上々、上質感もある。シートや操作類との位置関係も申し分なし。4つのドア上部にあるグリップも非常に有効だ。
ラゲッジスペース
VOLKSWAGEN JETTA ●容量はなんと527L。従来のボーラより72L増。後席は分割可倒で、中央には長尺荷用のスルー機構をもつ。
エンジン
VOLKSWAGEN JETTA ●2.0FSI(直噴)は、4バルブDOHCのオールアルミ合金製。ローラータイプカムフォロワー、可変吸気マニホールド、連続可変バルタイを採用する。このエンジンをベースに、最大過給圧0.8バールの空冷式インタークーラー付きターボを装備したのが2.0T。ピーキーさはなく、1800〜5000回転にわたり最大トルク28.6kgmを、5100〜6000回転にわたり最高出力200馬力を発生する。
Body Color
フィートベージュメタリック プラチナムグレーメタリック シャドーブルーメタリック
■ディープブラックパールエフェクト □カンパネ−ラホワイト サルサレッド
※ほか2色あり
LOOK AT IT
 DSGは、マニュアルギヤボックスをベースにクラッチ操作やギヤシフトを自動制御化したメカ。マニュアルの動力伝達効率と運転特性、ATならではのイージーシフトを高いレベルで両立。ティプトロニックモード、ATモードのいずれにおいても、ギヤチェンジに要する時間は極めて短く、ほとんど変速ショックを感じることもないというのが特徴的。レスポンス抜群だ。
VOLKSWAGEN JETTA VOLKSWAGEN JETTA VOLKSWAGEN JETTA
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
パーツを探す
バックナンバー
CC(2012.10)
アップ!(2012.11)
イオス(2006.10)
クロスポロ(2006.08)
クロスポロ(2010.11)
ゴルフ(1)(2004.06)
ゴルフ(2)(2009.06)
ゴルフ(3)(2013.08)
ゴルフ R(2010.04)
ゴルフGTI(1)(2005.06)
ゴルフGTI(2)(2009.10)
ゴルフGTI(3)(2013.11)
ゴルフ GT TSI(2007.02)
ゴルフ TSIコンフォートライン(2008.02)
ゴルフ TSIトレンドライン(1)(2008.07)
ゴルフ TSIトレンドライン(2)(2010.06)
ゴルフ ヴァリアント(1)(2007.09)
ゴルフ ヴァリアント(2)(2008.10)
ゴルフ ヴァリアント(3)(2010.02)
ゴルフ ヴァリアント(4)(2014.03)
ゴルフ カブリオレ(2011.11)
ゴルフトゥーラン(2007.04)
ゴルフトゥーラン(2)(2011.01)
ゴルフプラス(2005.11)
ザ・ビートル(2012.07)
ザ・ビートル ターボ(2014.01)
ザ・ビートルカブリオレ(2013.07)
ジェッタ(2006.02)
ジェッタTSIコンフォートライン(2007.10)
シロッコ(1)(2008.09)
シロッコ(2)(2009.07)
シロッコ R(2010.04)
ティグアン(2008.10)
ティグアン Rライン(2010.02)
ティグアンスポーツ&スタイル(2009.06)
ティグアン ライストン(2010.12)
トゥアレグ(2007.05)
トゥアレグW12エクスクルーシブ(2006.10)
パサート(2011.08)
パサート CC(2009.01)
パサート V6 4モーション(2008.12)
パサートヴァリアント R36(2009.02)
パサートヴァリアント TSIコンフォートライン(2008.01)
パサートヴァリアント V6 4モーション(2006.07)
パサート オールトラック(2012.09)
ポロ(2010.01)
ポロ1.4コンフォートライン(2007.10)
ポロ GTI(2005.12)
ポロ GTI(2010.11)
ポロ TSI(2010.09)
ポロ ブルーGT(2014.01)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > VOLKSWAGEN JETTA
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.