ルノーの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等
GooWORLD.jpトップGooWORLD.jpトップ Goo-netトップGoo-netトップ MyページMyページ サイトマップサイトマップ サイトマップお問合せ
GooWORLD.jp
ルノー ブランドページ
ブランドTOP
中古車検索
インプレッション
カタログ
愛車自慢
特集
 
認定中古車センターを探す
認定中古車を探す
Goo-netトップ
ルノー ルノーの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。
TOP > インプレッション > ルノー トゥインゴ
試乗レポート

ルノー トゥインゴ

■発表 2008・11 らしさを見失わず見事な仕上がりで上陸
ルノー トゥインゴ

 14年ぶりにモデルチェンジしたルノー・トゥインゴは、プラットフォームは旧型ルーテシアがベース。1.2Lエンジンとクイックシフト5と呼ばれる2ペダル5速MTは先代最終型と基本的に同じだ。しかもデザインはディーゼルエンジン搭載と右ハンドルを実現するためにノーズがポッコリふくらみ、かつての愛車でもあった旧型のスマイルは消えてしまった。

 ということで、試乗会の舞台になった横浜の道を、とくに期待もせずにスタートした。この地で試乗するときのお決まりコースを走って帰ってこようと。ところが数分後、早くもその約束を破り、走りたい道を選びながら、できるだけ長くこのクルマと付き合っていたいと思っている自分がいた。

 まずは乗り心地がいい。けっしてフンワリしているわけじゃないが、路面からのショックは巧みにいなし、それ以外は可能なかぎりフラット感をキープする。はるかに大きなクルマに乗っているような落ち着きだ。シートも腰を下ろした瞬間はペタッと厚みを感じなかったのに、そのまま1時間以上走り続けてもなんともないどころか、もっと座っていてもいいと思える。スタート直後はなんとも感じなかったのに、気がつくと快適性の高さに気づき驚く。そういう意味で典型的なルノーのよさを持っていたのだ。

 気をよくしてペースを上げると、近年のルノーでベスト3入り確実といわれている旧型ルーテシアのプラットフォームがベースであることを、シュアなハンドリングとして教えてくれる。

 低速では軽めの電動パワーステアリングは30km/hになればしっとりした感触を伝え、コーナーではまるで10年前から乗り続けているクルマみたいにドライバーに絶大な安心感を抱かせたまま、粘りのロードホールディングでハイペースを許してくれる。曲がりは不得意だった旧型とは大違い。65扁平のコンチネンタル・エココンタクト3でここまで走るとは、と思わせてくれるほどのポテンシャルなのだ。

 もっとも1.2Lエンジンは75馬力にすぎないから、このシャシーの能力を味わいつくすほどの加速は持ち合わせていない。でも小排気量らしい軽快な吹け上がり、回せば回すほど力が出てくる性格に誘われるように、ちょっと遠めのシフトレバーを前後に動かして速さを引き出していると、スペックのことなど忘れてしまう。

 かつてのフレンチコンパクトがそうだったように、かぎられたパワーやトルクを有効に活用すべく、頭と体を総動員して速さを紡ぎ出していく。ちょっとなつかしいドライビングスタイルが、ドライバーとトゥインゴの距離をどんどん近づけてくれるのだ。

 それに車重がいまどきめずらしく1トンを切っているから、平坦地では75馬力でも全然不満なし。クイックシフト5をオートモードに入れたままでも元気に加速していけるし、シフトアップの減速感は気にならないまでに抑え込まれていた。

 しかも新型は欧州モードでCO2排出量140g/km以下、生産工場がISO14001適合、リサイクル率95%以上のクルマに与えられるルノーeco2マークつき。走って楽しく、地球にやさしく、価格は200万円以下とおサイフにもやさしい。自慢のユーティリティもそのまま。さしたる期待をしていなかった元オーナーに、トゥインゴはトゥインゴのままであることを教えてくれたのだった。

文●森野恭行 写真●保坂 寛
ルノー トゥインゴの中古車を探すルノー トゥインゴの中古車を探す ルノー トゥインゴのカタログを見るルノー トゥインゴのカタログを見る
ルノー トゥインゴの新車購入情報ルノー トゥインゴの新車購入情報 ルノー トゥインゴのパーツを探すルノー トゥインゴのパーツを探す
Detail Check
エクステリア
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ  
インテリア
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ ●シートはふっかり感こそ薄れたが、座面の厚みや背もたれの張りがあって長時間でも疲れない。リヤはスライド可能で足を組めるほどの広さ。
コックピット
ルノー トゥインゴ ●トゥインゴとしては初の右ハンドル仕様だがペダルのオフセットはない。ステアリングはチルトのみ可能で、目の前のタコメーターも同時に上下する。スピードメーターは旧型と同じセンター配置のデジタル。ホーンはウインカーレバーを押すタイプだ。
ラゲッジスペース
ルノー トゥインゴ ルノー トゥインゴ ●2人掛けのリヤシートは完全セパレートで、左右別々に、背もたれを倒して全体を持ち上げるライトバンのような方式で折り畳める。こうすれば、なんと959Lもの容量を稼ぐことが可能。フロアは低くフラットで積みやすそうだ。
エンジン
ルノー トゥインゴ ●旧型と同じ1.2L SOHCエンジンは75馬力を発生。クイックシフト5と呼ばれる2ペダルMTはかなりスムーズになった。CO2排出量140g/km以下、ISO14001工場で生産、リサイクル率95%以上の車種の証「eco2マーク」つき。
Body Color
スパーク・オレンジM エクストリーム・ブルーM ■パール・ブラックM カルメン・レッド
LOOK AT IT
ルノー トゥインゴ ゆとりある動力性能と気持ちのよい走りがウリのGT
 旧型はエンジンが1種類しかなかったが、新型は同じ1.2Lのターボ仕様も登場。TCE100(turbo controlefficiency=高効率ターボ)の名前どおり、パワーを100馬力に抑えて全域での扱いやすさを実現している。こちらもCO2排出量は140g/km以下なのでeco2マークつき。トランスミッションは3ペダルの5速MTだが、名前のとおり小さなグランドツアラーという性格。開閉可能なグラスルーフを標準で装備する。
ルノー トゥインゴの中古車を探すルノー トゥインゴの中古車を探す ルノー トゥインゴのカタログを見るルノー トゥインゴのカタログを見る
ルノー トゥインゴの新車購入情報ルノー トゥインゴの新車購入情報 ルノー トゥインゴのパーツを探すルノー トゥインゴのパーツを探す
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
パーツを探す
バックナンバー
カングー(2009.12)
カングー(2011.03)
グランセニック(2005.09)
トゥインゴ(2008.11)
トゥインゴGT(2009.04)
トゥインゴ QS リミテ2(2010.06)
メガーヌ(2006.11)
メガーヌ エステート(2013.04)
メガーヌ グラスルーフカブリオレ(2005.01)
メガーヌツーリングワゴン(2004.06)
メガーヌ ルノー(2004.11)
メガーヌ ルノー スポール(1)(2004.10)
メガーヌ ルノー スポール(2)(2011.2)
ルーテシア(1)(2006.03)
ルーテシア(2)(2013.10)
ルーテシア イニシアル・パリ(2008.05)
ルーテシア ルノー・スポール(2014.01)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > ルノー トゥインゴ