シトロエンの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等
GooWORLD.jpトップGooWORLD.jpトップ Goo-netトップGoo-netトップ MyページMyページ サイトマップサイトマップ サイトマップお問合せ
GooWORLD.jp
シトロエン ブランドページ
ブランドTOP
中古車検索
インプレッション
カタログ
愛車自慢
特集
 
認定中古車センターを探す
認定中古車を探す
Goo-netトップ
シトロエン シトロエンの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。
TOP > インプレッション > CITROEN C2
試乗レポート
CITROEN C2
CITROEN C2 シトロエン C2
NEWCAR impression ■発表 2004・3
CITROEN C2
軽快感と重厚さを併せ持つ奥深いポテンシャル
スポーツ性を強調したC2は、C3とは一線を画す独自の魅力がある理屈ぬきで楽しめるコンパクトの久しぶりの出現によりシトロエンはますます勢いづきそうだ
キャラクターが生きた1.6Lスポーツハッチ
 シトロエンに勢いがある。昨年、世界で販売したのは商用車を含めれば137万2000台。これは7年連続で更新した新記録となる。前年比4.6%増のポイントとなったのは、コンパクトカー部門の好調。C3をはじめ、C3プリュリエル、なかでも03年9月(本国)に登場したばかりのC2が人気で、今後ますますの発展が見込まれる。
 サクソの後継モデルとなるC2は、同じセグメントで最新のプラットフォーム1を共用するC3のいわば姉妹車。C3がファミリー志向なのに対し、ドライビングプレジャーを前面に押し出しているのがC2だ。4ドアのC3と比べ、ホイールベースを15mm短縮するなど、走行性もスタイルも若々しいスポーティ感が強調されている。
 日本市場に導入されるのは、1.4VTRと1.6VTRの2タイプで、いずれも5速センソドライブの右ハンドル。このうち1.4は、夏からのデリバリーが予定されている。
 初めて間近で見たC2。まさにそのファーストインプレッションは、小さな体に元気いっぱいのスポーツマインドが息づくという感じ。コクピットに収まる前に、早くも楽しい気分にさせてくれる。おなじみのセンソドライブは、5速MTベースのノークラッチ自動。シフトレバーを操作するもよし、ステアリングのパドルシフトを頼るもよしだが、まずはオートモードでのイージードライブ。このモードでのシフトスケジュールは、街なかや高速道路などでの走行状況により、基本的には4つのモードに分けられる。少なくとも市街地や幹線路をおだやかに流すかぎり、シフトはスムーズで走行フィールは軽快だ。
 そのままフル加速すれば、6500回転弱でシフトと、このままでもスポーティ感は味わえる。でも本当に一体感のあるスポーツフィールを味わおうというのなら、マニュアル操作をしたほうがよい。なぜなら、自動シフトアップでは、ときに変速ショックの大きさとタイムラグに違和感を覚えることがあるからだ。MTモード時でも、6500回転に達するとオーバーレブ防止のために自動的にシフトアップはされる。この場合も同じだが、加速性自体はわずかにオートモードより速い感じがする。
足腰はビシッとしつつ軽快、ハイグリップ
 6500回転まで引っ張れば、マキシマムは1速54km、2速93km、3速130km/hに達する。シフトレバーによるシーケンシャル操作は小気味よいが、それ以上にクイックシフトがキマるのが自慢のパドルシフト。ツイスティなコースで、ワンタッチでのアップ/ダウンを矢継ぎ早に繰り返すと、C2は活き活き、楽しさ倍増。軽快感もピークに達する。そのときばかりは、スポーツ性とマインドに期待どおりの一体感を覚える。
 100km/hは、5速3100、4速3800、3速5000回転。このいくぶんローギヤードなギヤリングが、C2の加速性を引き立てる。市街地で扱いやすく、高速道路ではクラスを超えた余裕を感じさせてくれるのだ。
 フットワークもまたC2の自慢。2.8回転のパワステは、切り始めこそダルだが、トータル的には手ごたえよく、きちっとしたインフォメーションがある。びしっとした足腰からして、ステアリングに対してのキックバックが強いのではと、予想していた。が、実際にはとくに意識させることがないほどストレスを吸収している。中立付近のダルさは、あえての緩衝設定ということなのだろう。超扁平な195/45R16インチタイヤを履くだけになおさらだ。
 姿勢はフラット安定。コンパクトカーとは思えない重厚で高質感のある乗り味が心地よい。弱アンダーステア特性と、スタビリティの高さは、だれもが称えるはずだ。山道をキビキビ、ハイアベレージで駆け抜けるポテンシャルと楽しさには心憎さを覚えたほどだった。
(文●横越光廣 写真●郡 大二郎)
Detail Check
エクステリア
CITROEN C2 ●サイズは小さくても、意外なほどボリューム感があってダイナミック・イメージ。フロントとリヤのウインドウラインがオフセット。その稲妻形の変則ラインがデザインのアクセントになっている。8色ともよく似合うボディカラーが、C2のイメージを引き立てる。
CITROEN C2 CITROEN C2 CITROEN C2 ●リヤのオーバーハングを切り詰めるなど、スペース効率とスポーツ性をたくみにバランス。ボディと同色の前後大型バンパー/ワイドフェンダーがダイナミック。
CITROEN C2 ●1.6VTRには、6J×16インチのアルミホイールに195/45R16タイヤが装着される。小さなC2の足もとを引き締めダイナミックさを高めている。スペアタイヤはフルサイズ。
インテリア
CITROEN C2 ●フランス車のエスプリが香るインテリア。シートはおしゃれで、座り心地にもフィット感がある。上下50mm、前後230mmの調整ができ、だれにでも快適なポジションを得ることができる。 CITROEN C2 ●リヤシートのスペースは必要にして十分。ゆったりとはいかないが、2名が普通に座れるという感じだ。シート自体は小さいが、ヘッドレストの調整でカバー。ちなみに乗車定員は4名。
コックピット
CITROEN C2 ●電動パワステはテレスコ&チルト機能付き。握りが太く、タッチはたしかだ。また、インパネまわりは全体に機能本位でシンプル。ファッショナブルなアクセントが生かされている。5L容量のグローブボックスをはじめ、収納も豊富。
CITROEN C2 ●パドルシフトは、左がダウン、右がアップ。レバー自体が大きく、かつレスポンスがよいだけに、思わず積極的に使いたくなる。 CITROEN C2 ●シフトレバーの手前にあるのがオートモードスイッチ。オートモードはシフトすることでキャンセル。NとRはレバーを右に動かす。
ラゲッジスペース
CITROEN C2 ●テールゲートは上下2分割式で、使い勝手は上々。シートアレンジは、後席左右分割スライドをはじめ多彩で便利。標準時166L、最大879Lの容量を持つ、高効率スペース車だ。
エンジン
CITROEN C2 ●1.4LはSOHCの75馬力・12.5kgm、1.6LはDOHC16バルブで110馬力・15.3kgm。今回は後者の試乗のみだったが、5速センソドライブとのマッチングも良好。高速域でのこもり音が唯一気になった。
Body Color
ノアール オニキス ベールアプサント グリライン
ルージュ ルシフェール ブルー グラン・パヴォア グリ・アルミニウム
※ほか2色あり
LOOK AT IT
CITROEN C2  デザインにはうるさくファッショナブルなC2は、8色のボディに応じたカラーコーディネーションが魅力。シートは4色で、そのカラーに合ったドアトリム/ドアハンドルがコーディネイト。さらに3色のシフトノブが組み合わされ、フルにコーディネイトされる。明るいグリーンやブルー系は、若い女性にはピッタリ。楽しい気分にさせてくれるのがうれしい。 CITROEN C2
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
バックナンバー
C2(1)(2004.03)
C2(2)(2006.03)
C3(1)(2006.03)
C3(2)(2010.08)
C3プルリエル(2005.03)
C4(1)(2005.06)
C4(2)(2009.05)
C4 ピカソ(1)(2007.06)
C4 ピカソ(2)(2009.05)
C4 ピカソ(3)(2012.02)
C5(1)(2004.12)
C5(2)(2008.12)
C5(3)(2013.01)
C5ツアラー(2009.04)
C6(2006.10)
DS3(2010.08)
DS3カブリオ(2013.12)
DS4(1)(2011.11)
DS4(2)(2013.01)
DS5(2012.09)
クサラピカソ(2005.05)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > CITROEN C2
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.