BMWの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等
GooWORLD.jpトップGooWORLD.jpトップ Goo-netトップGoo-netトップ MyページMyページ サイトマップサイトマップ サイトマップお問合せ
GooWORLD.jp
BMW ブランドページ
ブランドTOP
中古車検索
インプレッション
カタログ
愛車自慢
特集
Goods
認定中古車センターを探す
認定中古車を探す
Goo-netトップ
BMW BMW・アルピナの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。
TOP > インプレッション > BMW 7シリーズ
試乗レポート

BMW 7シリーズ

■発表 2009・3 新たなるBMWの価値を体現した新型7シリーズ
BMW  7シリーズ

世界的な景気の後退と環境問題の深刻化によりこれまでとは異なる方向性への進化が求められたハイラグジュアリークラスの雄。"駆け抜ける喜び"以上の価値を誇る新型7シリーズの実力とは

 現状において、逆風のまっただ中となる位置に新型7シリーズは投入された。たとえ市場が動き始めても、このセグメントが復活するのかどうか、一気に存在価値が失われるのではないかといった論調さえある。だが、一部の有識者が主張するそうしたパラダイムシフトが起こるとは思えない。このセグメントの価値を認め、必要とする対象層が消滅するようなことはないはずだ。

 だからといって、従来ながらの価値を正常進化させるだけでは、市場が動き始めても需要を刺激することはできない。BMWも、そのあたりは十分に認識。新型7シリーズの報道発表会でも、BMWグループ・ジャパンのローランド・クルーガー社長は「次世代のBMWを示唆するモデルです。駆けぬける歓び以上の価値をエフィシェント・ダイナミクスによって実現します」と語った。

BMW  7シリーズ

 2010年夏までには、新型7シリーズをベースにしたアクティブ・ハイブリッド搭載モデルが日本市場にも投入することを発表済みだ。まさに、効率的な高性能化を目指している。今回投入したモデルも、減速時のエネルギーを回生することで発電の効率を高める、いわゆるマイクロ・ハイブリッドを搭載。それを、社長は控えめに「小さなソルーションですが……」と語っていたが確実な一歩を踏み出しているわけだ。

 そのほかにも、アルミニウムを多用しボディ単体重量を従来型に対して55kg低減することなどの効果により、走行車線の流れに合わせながら高速燃費を計測したところ、3Lの直列6気筒エンジンを積む740iで12・3km/L、4.4LのV型8気筒エンジンを積むロングホイールベース仕様の750Liでも11・8km/Lをオンボードコンピュータが表示。740iが326馬力、750Liが407馬力を発揮することを考えれば注目すべき結果だ。

 それでいて、BMWならではの価値も際立たせている。740iの場合、最高級サルーンカーに3Lエンジンでは排気量を前提にすると頼りなく思えてしまうが、アクセルに足を乗せた瞬間にそんな不安は払拭される。出足が軽快であり、1000回転台でシフトアップが繰り返されても周囲の流れを先行する程度の加速が得られる。感覚的な力強さは、排気量にすれば4Lを超えている。

 こうした走りを支えているのは、2基の小型ターボチャージャーと高精度直噴システムの組み合わせだ。だが、過給効果に頼っている実感はなく、直噴システムの威力によりアクセル操作に対する応答性に遅れも感じない。高回転域の伸びもよく、アクセルを踏み続ければ7000回転まで胸の空く吹き上がりを示す。750i/Liのエンジンも同様のシステムを採用しているので、大排気量エンジンとは思えない吹き上がりの鋭さが確かめられる。

 また、新型7シリーズはパワートレーンやシャシーを統合制御し、4モードが選択できるダイナミック・ドライビング・コントロール(以下DDC)を採用する。それをスポーツにすると、ボディサイズがひとまわり以上小さくなったかのような身のこなしで山岳路を駆けぬける。とくに、エンジンが軽い740iは、操縦性の小気味よささえ感じるほど。

 DDCをコンフォートにすると、新型7シリーズは最高級サルーンとしての本領を現す。まるで、鏡の上を走っているようなフラットな乗り心地を実現し、優れた静粛性も獲得している。750Liの後席なら、足もとのスペースも広々しているので厳しい経済情勢さえ忘れさせてくれるくつろぎ感が得られるはずだ。

文●萩原 秀輝 写真●佐藤 亮太
BMW  7シリーズの中古車を探すBMW 7シリーズの中古車を探す BMW  7シリーズのカタログを見るBMW 7シリーズのカタログを見る
BMW  7シリーズの新車購入情報BMW 7シリーズの新車購入情報 BMW  7シリーズのパーツを探すBMW 7シリーズのパーツを探す
Detail Check
エクステリア
BMW  7シリーズ BMW  7シリーズ BMW  7シリーズ
インテリア
BMW  7シリーズ BMW  7シリーズ ●背もたれが中折れしフィット感が増すフロントのコンフォートシートはオプション(750Liは標準)で用意。標準ボディでも後席の足もとスペースは余裕十分。
コックピット
BMW  7シリーズ ●センターコンソールはドライバー側を向いている。従来型は正面を向いていたが新型はBMW伝統のコクピットデザインが復活。メーターは液晶とアナログを組み合わせ表示機能は多彩
ラゲッジスペース
BMW  7シリーズ ●荷物スペースの手前側はボディ全幅に近い幅を確保。ただし奥側は幅が狭め。フロア下にも小さめのアタッシュケースなら入るスペースがある。
エンジン
BMW  7シリーズ ●4.4LのV型8気筒エンジンはVバンク内に2基の小型ターボチャージャーを収め高効率化を実現。
Body Color
アルピン・ホワイトV  ブラックU チタン・シルバー 
ミネラル・ホワイト カシミヤ・シルバー ブラック・サファイア 
 
LOOK AT IT
BMW  7シリーズ より後席の快適性を求めるならロングホイールベースモデルを
 両エンジン搭載モデルともにロングホイールベース仕様のLiを用意。140mmの延長分は後席の足もとスペースの拡大にあてられている。Liはホイールベースを伸ばしているだけではなくルーフ中央からリヤウインドウにかけての形状も標準ボディとは異なる。そのため後席の頭上スペースも標準ボディよりも10mm拡大し広さ感を際立たせている。
BMW  7シリーズ ●左右独立9.2インチ・ディスプレイを備えるリヤ・エンターテイメント・システムはオプション。その機能を操作する後席専用のiDriveコントローラーも組み合わされている。
BMW  7シリーズの中古車を探すBMW 7シリーズの中古車を探す BMW  7シリーズのカタログを見るBMW 7シリーズのカタログを見る
BMW  7シリーズの新車購入情報BMW 7シリーズの新車購入情報 BMW  7シリーズのパーツを探すBMW 7シリーズのパーツを探す
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
パーツを探す
バックナンバー
1シリーズ(2004.09)
1シリーズ(2)(2011.12)
1シリーズ 120i クーペ(2010.10)
1シリーズ 130i Mスポーツ(2005.10)
1シリーズ 135i クーペ(1)(2008.05)
1シリーズ 135i クーペ(2)(2010.06)
1シリーズ カブリオレ(2008.05)
2シリーズ(2014.08)
3シリーズ 320i クーペ(2010.10)
3シリーズ 320d ブルーパフォーマンス(2012.12)
3シリーズ(1)(2005.04)
3シリーズ(2)(2009.02)
3シリーズ(3)(2011.09)
3シリーズ(4)(2012.04)
3シリーズ アクティブハイブリッド3(2012.12)
3シリーズ カブリオレ(2010.09)
3シリーズ グランツーリスモ(2013.09)
3シリーズ ツーリング(2005.11)
4シリーズ クーペ(2014.02)
5シリーズ(2010.08)
5シリーズ グランツーリスモ(2010.04)
5シリーズ ツーリング(2010.11)
5シリーズ 523d ブルーパフォーマンス(2013.01)
5シリーズ 525iツーリング(2005.05)
5シリーズ 535i Xドライブ ツーリング(2012.06)
5シリーズ 550i(2005.11)
6シリーズ(1)(2008.03)
6シリーズ グランクーペ(2012.08)
6シリーズ カブリオレ(1)(2004.02)
6シリーズ カブリオレ(2)(2011.09)
7シリーズ(2009.06)
7シリーズ アクティブハイブリッド 7L(2013.01)
7シリーズ 760Li(2010.06)
M3セダン(1)(2008.08)
M3セダン(2)(2009.03)
X3(2004.07)
X5(1)(2007.06)
X5(2)(2014.04)
X5 4.8iS(2004.05)
Z4(2009.07)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > BMW 7シリーズ