BMWの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等

BMW 5シリーズの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。

GooWORLDブックマーク登録

試乗レポート

BMW 5シリーズ

■発表・発売 2010.3 環境性能も含め、明確に進化したニュー5シリーズ
BMW 5シリーズ

コードナンバーを「E」から「F」に変えて一新された5シリーズ。今回のモデルチェンジでは、メカニズムの熟成とともに、エフィシェントダイナミクスと呼ぶ環境性能も明確に進化。時代をリードする存在となった

 アクティブステアやランフラットタイヤに代表される新技術と、クリス・バングルが手がけた斬新なスタイルを採用して03年にデビューした先代のE60・5シリーズは、まさにBMWの革新のシンボルといえる存在だった。その衝撃から7年、第6世代にあたるF10が投入された。

 スタイルや、形式から変更されたフロントサスを見ればわかるように、F10は現行7シリーズや5シリーズグランツーリスモの流れを汲むモデル。造形や技術を、前世代から明確に進化させたのが見どころだ。8速ATやブレーキ回生システムを全車に導入するなど、「エフィシェント・ダイナミクス」の方向性もより鮮明になり、528iはエコカー減税対象車としても注目を集めている。

 今回、導入されたのは、258馬力/31・6kgmの自然吸気3L直6を積む528i、306馬力/40・8kgmの直噴ターボ3L直6を積む535i、407馬力/61・2kgmの直噴ツインターボ4.4L V8を積む550iの3つのモデルだ。

 箱根を舞台に開催された試乗会では、そのすべてを試すことができた。まず強く印象に残ったのは、インテグレーテッドアクティブステアやアダプティブドライブ(可変ダンパー+アクティブスタビライザー。550iに標準、535iにオプション)の洗練度の向上。7シリーズはサスの伸び側ストローク感の素直さ、グランツーリスモではアクティブステア逆位相時のクルマの動きに引っかかる点があったが、新型5シリーズでは印象が大きく好転。より自然で、気持ちよい感覚に修正されている。

 先代と比べての操安性や乗り心地のレベルアップも、当然、著しいものだ。ホイールベース(クラスで最長の2970mmの設定)やトレッドの拡大、サスの一新、ボディ剛性の強化、新たなハイテクの導入などが、走りのポテンシャル向上に直接的に結びついていることが実感できる。

 では、各モデルの個性は?

 550iの魅力は、やはりV8ならではのスムーズネスや圧倒的なエンジン性能が生み出す豪快な走り。フラットトルク型で官能性はやや乏しいものの、535iのゆとりや速さも、4L V8を心臓とする先代の540iに匹敵するレベルに達している。

 それら2モデルと比較すると、528iの動力性能はどうしても見劣りしてしまうが、AT8速化の効果もあって、ゆとり、速さ、静粛性のすべての面で、まったく不満のないパフォーマンスを実現している。自然吸気直6ならではの上質かつ爽快なフィーリングも528iの光るところで、仕上がりはとてもいい。

 528iの標準タイヤは17インチ(BMWだから当然すべてランフラット)で、標準では装備されないが可変ダンパーも、スポーティな走りも余裕でこなす操安性と、上級サルーンにふさわしい快適な乗り心地をバランスさせている。なら、自慢のアダプティブドライブの効能は?

BMW 5シリーズ

 可変ダンパー装着車には、ノーマル、スポーツ、スポーツプラスに加えて、コンフォートモードが設定されるのがポイント。オプションの19インチを履く550iはさすがにタイヤの硬さを意識させる場面があったが、18インチの535iはまさしくコンフォートな乗り心地を身につけていた。しかも、スポーツモードではダイナミックな走りも存分に楽しめるのだから、じつに懐の深い高性能サルーンだということができる。

 ノーズの重さが気になる550iと比べて前後バランスも優れているから、トータルで走りの気持ちよさを追求する人には、アダプティブドライブ搭載の535iをお薦めする。

文●森野恭行 写真●GooWORLD
BMWカスタマー・サポート
TEL:0120-55-3578
BMW 5シリーズの中古車を探すBMW 5シリーズの中古車を探す BMW 5シリーズのカタログを見るBMW 5シリーズのカタログを見る
BMW 5シリーズの新車購入情報BMW 5シリーズの新車購入情報 BMW 5シリーズのパーツを探すBMW 5シリーズのパーツを探す
BMW 5シリーズの自動車情報BMW 5シリーズの自動車情報
Detail Check
エクステリア
BMW 5シリーズ エクステリア BMW 5シリーズ エクステリア BMW 5シリーズ エクステリア  
コックピット
BMW 5シリーズ コックピット BMW 5シリーズ コックピット ●先代と似た印象だがデザインは一段と洗練され、質感にも磨きがかかった。2眼式から4眼式に変わったメーターも目を引く点だ。ウッドトリム、HDDナビシステム、ヘッドアップディスプレイ(550i)などを採用する。
インテリア
BMW 5シリーズ リヤシート BMW 5シリーズ フロントシート ●後席足元空間を13mm拡大するなど、キャビンの快適性はさらに向上。ダコタレザーシート、前席パワーシートなどを全車に採用。内装色は4タイプを設定だ。
ラゲッジ
BMW 5シリーズ ラゲッジ ●520Lの容量は先代E60と同じ。6対4分割可倒機構も踏襲され、高い積載性を実現している。スキーバッグもオプションで設定されている。
エンジン
BMW 5シリーズ エンジン ●535iが積む3L直6はバルブトロニック+直噴+ツインスクロールターボのハイテクで武装。8速ATとブレーキ回生システムを全車に搭載。
主要諸元:BMW 535i(8速AT)
全長×全幅×全高 4910×1860×1475mm
ホイールベース 2970mm
車両重量 1820kg
エンジン 直6DOHCターボ
総排気量 2979cc
最高出力 306ps/5800rpm
最大トルク 40.8kgm/1200〜5000rpm
サスペンション前後 ダブルウィッシュボーン/インテグラルアーム
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 245/45R18
発表・発売
2010年3月
全国メーカー希望小売価格
528i(8速AT) 715万円
535i(8速AT) 835万円
550i(8速AT) 1040万円
Body Color
□アルピンホワイトV  チタン・シルバー  ハバナ  ディープ・シー・ブルー  ブラック・サファイア  ソフィスト・グレー・ブリリアント・エフェクト  インペリアル・ブルー・ブリリアント・エフェクト  ブラックU  ミラノ・ベージュ  スペース・グレー
LOOK AT IT
BMW 5シリーズ 進化と洗練の度合いを深めたシャシーのアダプティブメカ
 フロントサスをストラット式からダブルウィッシュボーン式、パワステを油圧式から電動式に一新。さらに、可変ダンパーのダイナミックダンピングコントロール(550iに標準)も導入している。60km/h以下で小まわり性、それ以上の速度域で操安性を向上させるインテグレーテッド式の4輪アクティブステアを全車に搭載する。
BMW 5シリーズの中古車を探すBMW 5シリーズの中古車を探す BMW 5シリーズのカタログを見るBMW 5シリーズのカタログを見る
BMW 5シリーズの新車購入情報BMW 5シリーズの新車購入情報 BMW 5シリーズのパーツを探すBMW 5シリーズのパーツを探す
BMW 5シリーズの自動車情報BMW 5シリーズの自動車情報
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
パーツを探す
バックナンバー
1シリーズ(2004.09)
1シリーズ(2)(2011.12)
1シリーズ 120i クーペ(2010.10)
1シリーズ 130i Mスポーツ(2005.10)
1シリーズ 135i クーペ(1)(2008.05)
1シリーズ 135i クーペ(2)(2010.06)
1シリーズ カブリオレ(2008.05)
2シリーズ(2014.08)
3シリーズ 320i クーペ(2010.10)
3シリーズ 320d ブルーパフォーマンス(2012.12)
3シリーズ(1)(2005.04)
3シリーズ(2)(2009.02)
3シリーズ(3)(2011.09)
3シリーズ(4)(2012.04)
3シリーズ アクティブハイブリッド3(2012.12)
3シリーズ カブリオレ(2010.09)
3シリーズ グランツーリスモ(2013.09)
3シリーズ ツーリング(2005.11)
4シリーズ クーペ(2014.02)
5シリーズ(2010.08)
5シリーズ グランツーリスモ(2010.04)
5シリーズ ツーリング(2010.11)
5シリーズ 523d ブルーパフォーマンス(2013.01)
5シリーズ 525iツーリング(2005.05)
5シリーズ 535i Xドライブ ツーリング(2012.06)
5シリーズ 550i(2005.11)
6シリーズ(1)(2008.03)
6シリーズ グランクーペ(2012.08)
6シリーズ カブリオレ(1)(2004.02)
6シリーズ カブリオレ(2)(2011.09)
7シリーズ(2009.06)
7シリーズ アクティブハイブリッド 7L(2013.01)
7シリーズ 760Li(2010.06)
M3セダン(1)(2008.08)
M3セダン(2)(2009.03)
X3(2004.07)
X5(1)(2007.06)
X5(2)(2014.04)
X5 4.8iS(2004.05)
Z4(2009.07)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > BMW 5シリーズ
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.