BMWの情報満載!中古車検索、ディーラー検索、専門店検索、自動車カタログ等
GooWORLD.jpトップGooWORLD.jpトップ Goo-netトップGoo-netトップ MyページMyページ サイトマップサイトマップ サイトマップお問合せ
GooWORLD.jp
BMW ブランドページ
ブランドTOP
中古車検索
インプレッション
カタログ
愛車自慢
特集
Goods
認定中古車センターを探す
認定中古車を探す
Goo-netトップ
BMW BMW・アルピナの中古車検索、カタログ、インプレッション等を閲覧できます。
TOP > インプレッション > BMW 1Series
試乗レポート
BMW 1Series
BMW 1Series BMW1シリーズ
NEWCAR impression ■発表 2004・10
BMW 1Series
BMWの底力を感じさせるエントリーコンパクト
スポーツライクでプレミアムなBMWのDNAは、今、力強く息づきだした
エントリーモデルとして新たに開発された1シリーズを見れば明らか
見た目も内容も、一貫して脈打つのは最新のBMWマインドだ
3グレードの細やかなラインアップ
 今年、BMWは6シリーズ、X3、MINIコンバーチブルなど、意欲的なニューモデルを日本市場に導入してきた。そして、04年の最後となるのは3シリーズに替わり、新たにエントリークラスを担うことになった1シリーズ。BMWにとっては常識だが、コンパクトセグメントでは唯一のFRレイアウトとなる5ドア2ボックスの登場だ。
 新設計のボディとサスペンション、ランフラットタイヤを標準としたクラス初のアクティブ・セーフティの取り入れなど最先端テクノロジーの結集は、BMWの意気込みを感じさせる。エンジンは、116i用1.6L115馬力、118i用2L129馬力、120i用2L150馬力の3タイプで、ミッションはすべてZFの6速AT。
 試乗したのは120i、スポーツサスペンション仕様で、タイヤもオプションの205/50R17インチとサイズアップ。それだけに、自慢のフットワークがクローズアップされて当然。ロックツーロック3回転のパワステは、操舵力が重めで切り始めのレスポンスは控えめ。スピードとともにじわりと切り増していくと、太いリムのステアリングを通して舵感と路面からの情報がダイレクトに伝わってくる。ファーストインプレッションとしてもっとも印象的だったのは、サス設定はハードでもフラットな乗り味。少しもドタバタしたところがなく、上質で安定したフォームを保つことだ。
 50対50の前後重量配分は、けっしてダテではない。バランスのよさはツイスティなコーナーを走れば明らか。積極的に重めのステアリングを切り込めば、オンザレール感覚でコーナーをクリアしていく。もちろんスタビリティは高く、スポーティモデルとしてトップランクの実力派だ。が、強いてバランス面に焦点をあわせれば、最上とまではいえない。スポーツサス&17インチタイヤ車では、ステアリングレスポンスがベストとはいえず、ツイスティなコースでハイアベレージのまま正確無比なコントロールができる自信がない。ワンダリングや路面からのキックバックが気になることもたしか。まあ、高い次元での話であり、セッティングが自分には合っていなかったのだろう。
スポーツマインドをそそるシャープな加速
 そこで、ごく短時間だが、ノーマルサス&オリジナルの16インチタイヤ車に乗ってみた。やはり、バランスはこちらの方が勝る。神経質な一面もなく、レスポンス自体もすぐに馴染めるものだった。むろん、コーナリング性能にも優れ、マイルドな乗り心地もグッド。前記のスポーツサス車より若干劣るかも知れないが、ブレーキ性能/フィールも上々といえた。それにしても、コーナーでの安定感は極めつき。DTC付きDSC、ASCなど、ありとあらゆるセーフティ・コントロールが協調制御しているのだろう。
 エンジンは、レッドゾーンの始まる6500回転まで気持ちよく吹き上がる。Dレンジフル加速でさえ、そこまで引っ張れるのだから、十分にスポーツライク。シフトは変速ショックが小さく、レスポンスも申し分なし。Dレンジのままでも、快音をともなっての俊足ぶりで、スポーツマインドをそそられる。でも、本当に120iの走りを堪能しようというのなら、ステップトロニックのMT操作。BMWは、前がダウンで後がアップ。小気味よくキメられるだけに、一段とスポーツフィールが高まる。
 6速ATのギヤリングは、ハイギヤード・クロースレシオ。100km/h時のエンジン回転は、6速2200、5速2700、4速3700、3速4800回転相当。150馬力のパワーを効率よく伝えてくれる。ワインディングロードではもちろん、市街地でのドライバビリティ、高速道路で真価を発揮するCD値0・29の空力性と、余裕しゃくしゃくの走り。120iは2Lとは思えない実力とプレミアム性能を惜しみなく披露してくれる。
(文●横越光廣 写真●内藤敬仁)
Detail Check
エクステリア
BMW 1Series ●低いルーフラインに幅広のCピラー。光によって際立つショルダーラインと独特のウエストライン。エモーショナルでセクシーなプロポーションが、ほかのコンパクトセグメントカーとは大きく違う。Z4にも通じるインパクトは抜群。個性的な存在感で、独自のカテゴリーを築きそうだ。
BMW 1Series BMW 1Series BMW 1Series ●ロングフード、2660mmのロングホイールベースにショートオーバーハング。キドニーグリルに丸形4灯式ヘッドライト、フロントエプロンの幅広いエアインテークと、BMWならではのダイナミックさが強調されている。
インテリア
BMW 1Series ●理想のポジションを得るうえで、リフターが大きな役割を果たす。シートタッチはソフトめで、体を包み込むよう。座り心地を始め、サポート性もなかなか。 BMW 1Series ●後席は2対1分割可倒式。レッグルームは広いとはいえないが、必要十分。サンルーフ仕様でもヘッドルームに余裕があり、シートのサポート性もグッド。
コックピット
BMW 1Series ●インパネまわりは、シンプルでありながら上質感をかもす。スポーツレザーの3本スポークステアリングは、テレスコ&チルト付き。2眼メーターは絶妙のデザインで視認性抜群。オンボードコンピューターに各種情報が表示される。オイルレベルさえパネル内に表示と、とにかく進んでいる。各種スイッチ類、操作類はじつに扱いやすい。
BMW 1Series ●エンジンのスターターはダッシュ左のスタートボタンを押すだけ。ワンタッチでスタート&ストップできる。エンジンをスタートさせる時点で独自性を実感。 BMW 1Series ●ステップトロニックZF製6速ATは、120iのスポーツ性を引き立たせる。Dレンジのままでもよし、シーケンシャル操作では小気味よくシフト。
ラゲッジスペース
BMW 1Series BMW 1Series ●ラゲッジルーム容量は、標準時で330L。2対1分割可倒式バックレストを倒せば、最大1150Lとなる。床はほぼフラットで使い勝手もよい。荷室下には、バッテリーが位置。50対50の前後重量バランス獲得のための設計だ。
エンジン
BMW 1Series ●120iの2L DOHC150馬力ユニットは、おなじみのダブルVANOS、DISA(共鳴過給吸気システム)、バルブトロニック、2本のバランスシャフト、4-2-1エキゾースト・マニホールドを装備する。
Body Color
ブラック・サファイア クォーツ・ブルー ジャパン・レッド
チタン・シルバー アルピン・ホワイトIII スパークリング・グラファイト
※ほか5色あり
LOOK AT IT
BMW 1Series  優れたロードホールディングと乗り心地をバランスさせるため、サスペンションには徹底したこだわりを見せる。フロントはダブルジョイント・スプリングストラットで、軽量化と高剛性を目指した100%アルミ製。リヤサスは新しい5リンク式で、剛性を確保するため軽量スチール構造となっている。コンパクトセグメントとしては、ぜいたくなメカとチューンがいかにもBMW流。スポーツサスは、わずかにハードで車高は15mm低くなる。 BMW 1Series
この車の情報
カタログを見る
中古車を探す
愛車自慢を見る
試乗レポートを見る
バックナンバー
1シリーズ(2004.09)
1シリーズ(2)(2011.12)
1シリーズ 120i クーペ(2010.10)
1シリーズ 130i Mスポーツ(2005.10)
1シリーズ 135i クーペ(1)(2008.05)
1シリーズ 135i クーペ(2)(2010.06)
1シリーズ カブリオレ(2008.05)
2シリーズ(2014.08)
3シリーズ 320i クーペ(2010.10)
3シリーズ 320d ブルーパフォーマンス(2012.12)
3シリーズ(1)(2005.04)
3シリーズ(2)(2009.02)
3シリーズ(3)(2011.09)
3シリーズ(4)(2012.04)
3シリーズ アクティブハイブリッド3(2012.12)
3シリーズ カブリオレ(2010.09)
3シリーズ グランツーリスモ(2013.09)
3シリーズ ツーリング(2005.11)
4シリーズ クーペ(2014.02)
5シリーズ(2010.08)
5シリーズ グランツーリスモ(2010.04)
5シリーズ ツーリング(2010.11)
5シリーズ 523d ブルーパフォーマンス(2013.01)
5シリーズ 525iツーリング(2005.05)
5シリーズ 535i Xドライブ ツーリング(2012.06)
5シリーズ 550i(2005.11)
6シリーズ(1)(2008.03)
6シリーズ グランクーペ(2012.08)
6シリーズ カブリオレ(1)(2004.02)
6シリーズ カブリオレ(2)(2011.09)
7シリーズ(2009.06)
7シリーズ アクティブハイブリッド 7L(2013.01)
7シリーズ 760Li(2010.06)
M3セダン(1)(2008.08)
M3セダン(2)(2009.03)
X3(2004.07)
X5(1)(2007.06)
X5(2)(2014.04)
X5 4.8iS(2004.05)
Z4(2009.07)
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > インプレッション > BMW 1Series
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.