アルファロメオ ジュリア 【乗るたびに新たな歓喜と驚喜に襲われ、真摯に向き合う道具です。】のレビューをご紹介

アルファロメオ ジュリア[2017年10月]

マイカー 乗るたびに新たな歓喜と驚喜に襲われ、真摯に向き合う道具です。

ALFA401
  • ドライバー歴
  • 37
  • 所有台数
  • 8

投稿:2020年05月08日

アルファロメオ ジュリア クアドリフォリオ ABA-95229

  • 総合評価
  • 4.4

投稿者評価

平均

【所有期間や運転回数】
購入してちょうど1年。とても飽きることなく毎週末の土・日ドライブを楽しんでいます。
【このクルマの良い点】
エンジンは3855CCのフェラーリV8 ツインターボと同じボアストロークを持ちフラットクランクを採用したレーシングエンジン。多くのエンジンがクロスクランスを採用している現在、排気干渉がなく排気抜けが良いフラットクランクによって510馬力、600Nmの大パワーとトルクレスポンスを実現している。エギゾーストもフェラーリと同様フラットクランク独特の官能的和音を咆えさせることができる。足回りはアクティブトルクベクタリングやアクティブサスによって、私のようなド素人でも運転が上手くなったと錯覚する扱いやすさ。ドリフトよし、ドラッグレースよし、加えてよく曲がり加速抜群。レースモードは安全装置を全て解除したパドシフトのマニュアルモードとなるため、運転技能が高いほどその神価値が発揮できるクルマ。ブレーキはブレンボのデュアルキャスト・フローティング・ベンチレーションディスクで不安はない。
【このクルマの気になる点】
排気周りの清掃は、欠かせられない日課として待ってます。
【総合評価】
足はよく動き、堅いなりに良い意味でアルファのヒラヒラ感は健在。またシートはサポート感抜群。若干堅いながら良く動くサスペンションとホールド感の優れたSPARCOシートによって、路面の雑味は全て吸収され、高級感が熟成されている。座り心地は他のジュリアとは別次元。ドイツ車のスペック表示とイタ車のスペックがこんなに異なるものかと痛感。数字では分からない一体感を味わえるクルマ。
アルファのハンドリングがクイックなのはスポーツを超えてレーシーングの領域で実績を積み重ねてきたアルファとしての醍醐味を乗るたびに、日々大いに魅せられています。

利用シーン
ドライブ 趣味 レジャー
オススメ
走り好き 男性向け
特徴
ワイルド カッコいい キュート 操作性 安定性 加速

参考になった! 0

※投稿者の情報はレビュー投稿時のデータです。

クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

これまでの所有台数(平均)
10
ドライバー歴(平均)
32

総合評価

4.3
(3件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.7 4.7 4.7 4.7
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備 満足度
3.7 3.3 4.0 5.0