ジャガー XJ 【2L4気筒でも走りに不満なし】のレビューをご紹介

ジャガー XJ[2010年05月]

ジャガー XJ

じゃがりん
  • ドライバー歴
  • --
  • 所有台数
  • --

投稿:2013年07月18日

2L4気筒でも走りに不満なし

  • 総合評価
  • 4.8

投稿者評価

平均

【総合評価】
急加速では上まで回すことになり、4気筒らしい音が届きますが、もともとこのエンジンは4気筒としては世界最高レベルのなめらかさなので、それほど気になりません。ATがスムーズかつ的確に変速してくれるので、低回転をキープしたまま、スムーズに速度を上げていってくれることも好印象です。100km/hでの回転数は1500rpm以下で、静粛そのものです。

アイドリングストップはつかないので、街中での燃費・環境性能ではライバルとなるレクサスLSやメルセデスSクラスなどのハイブリッドカーに一歩譲るかもしれません。でも郊外の道や高速道路では、アルミボディとダウンサイジングエンジンのコンビがそれらに並ぶ結果を出してくれそうです。

【良い点】
2Lだからといってボディが小さくなったわけではなく、全長5135mm、全幅1900mm、全高1455mmという、堂々としたサイズです。2Lであることを示すバッジ類もありません。インテリアも同様で、フラッグシップにふさわしいラグジュアリーな雰囲気と広大なスペースを併せ持っています。

ただXJのボディはアルミ製なので、車両重量は1780kgと、ライバルのメルセデス・ベンツSクラスより100kg以上軽くなっています。しかも搭載されるフォード製エンジンは、2tを超えるエクスプローラーの巨体を軽々と動かす実績があるうえに、ATはそのエクスプローラーの6速に対して8速です。そのため加速に不満はありません。

【悪い点】
乗り心地は相変わらずしっとりしていて快適ですが、重厚感についてはV8ほどではないという印象でした。XJは同じアルミボディを採用した旧型も、V8とV6でこの面に差があったという記憶があります。最新型にもその傾向が受け継がれているようです。

一方、ノーズが軽くなってことによるハンドリングの違いは、あまり感じられませんでした。そもそも全長5mを超える大きなサルーンを峠道で振り回すような走りは違和感があります。それをわきまえ、車格に見合った落ち着いた身のこなしをキープしたようです。納得できるセッティングです。

利用シーン
ドライブ
オススメ
シニア 男性向け
特徴
安定性 落ち着き

参考になった! 0

※投稿者の情報はレビュー投稿時のデータです。

クルマレビューを投稿する

※販売店レビューの投稿はこちら

これまでの所有台数(平均)
6
ドライバー歴(平均)
24

総合評価

4.4
(26件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.8 4.7 4.6 4.2
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備 満足度
4.7 3.1 4.4 4.7