アウディ A6 【アウディ A6 2.8 FSI quattro 2012年】のレビューをご紹介

アウディ A6[2011年08月]

これまでの所有台数(平均)
9
ドライバー歴(平均)
37

総合評価

4.5
(14件) (「普通=3.0」が評価時の基準です)
外観のデザイン・ボディカラー 走行性能 乗り心地 価格
4.6 4.5 4.7 4.4
内装・インテリアデザイン・質感 燃費・経済性 装備 満足度
4.6 3.6 4.4 4.6

veloce

この人を参考にした

48

ドライバー歴
50
これまでの
所有台数
14

※レビュー投稿時でのデータ

アウディ A6 2.8 FSI quattro 2012年

投稿 : 2017年07月09日 01:07

利用シーン
買物 趣味 レジャー
オススメ
ファミリー 男性向け 走り好き
特徴
広い 加速 静粛性 安定性 視界 操作性 高級感 落ち着き

所有形態 マイカー

アウディ A6 2.8FSIクワトロ DBA-4GCHVS

【所有期間または運転回数】
 2nd ユーザー 納車後3日程度

【総合評価】
 非常に良い

【良い点】
 メルセデス、B?Wよりは、アウディの台数がやや少なく希少性がある。
quattroの四駆の性能はピカイチ、以前所有していたA4 quattroと比べると、前後輪の重量バランスが55対45とハーフアンドハーフに近いので、カーブではオンザレールで安定している。

 車体が大きいが、ハンドルが軽いので取り回しが楽である。但し、高速ではしっかりしている。
 Sトロニックの7速デュアルクラッチの変速フィーリングは滑らかそのもの、市内走行では60km/h以下では7速には入らないが、エンジンストップシステムもあるので、燃費も7km/L程度で2.8Lとしては上々。

 マニュアルモードでギアシフトを楽しむことも可能だが、A6でそのような運転をするのは大人げないように感じる。必要性がある場面で、アクセルを踏めばあっという間に他車をバックミラーで確認することが可能だ。

 MMIのナビが使いづらいとの評価を多く目にするが、慣れの問題で、一般のタッチパネルディスプレイと比べ、画面を触らないので画面が汚れなくて良い。

 アウディの造りの良さは秀逸でボディパネルの継ぎ目、隙間の小ささ、内装の質素だが飽きのこないデザイン、仕上げ等どこをとっても出色の出来栄えだ。これだから、国産車に乗る気にはなれない。

 以前乗っていたアウディA4を手放したのも、故障もしないし、走行性能も完璧なため、かえってつまらなくなり、フィーリングのあるアルファロメオの上級サルーン(Alfa 166)に乗り換えた程である。

【悪い点】
 新車価格は高いが、程度の良いセコハンだと、国産中級車の新車より安く、かえってお買い得。
 使用上での問題点は全くない。

参考になった! 0

総合評価5.0

投稿者評価

平均

おすすめレビュー

モデルからクルマレビューを探す

グレードからクルマレビューを探す

アウディの人気車種のクルマレビューを探す

利用シーンから探す

こんな人におすすめ

特徴から探す