みんなを笑顔にするゴーカートフィーリング

特集毎回テーマを絞って、気になる輸入車をチェック!

GooWORLDブックマーク登録

特集

みんなを笑顔にするゴーカートフィーリング

JCWに待望のATモデル追加でますます加速!
みんなを笑顔にするゴーカートフィーリング
MINIがたくさんのオーナーを虜にしている、独特の走行感覚「ゴーカートフィーリング」。
その走りを極めたスペシャルなグレードがJCW(ジョンクーパーワークス)だ。
ATモデルも追加され、ますます魅力をますJCWには、MINIの走りの魅力が詰まっている!
石井昌道 写真佐藤亮太

日常からサーキットまで走りの質感が高い

 MINIがスポーティであることは、だれもが認めるところだろう。作り手のBMWも、オリジナルがもっていたゴーカート的なハンドリングを標榜しているのだからそれも当然。だが、2002年に登場したころのMINIは、少々ハンドリングに演出めいたところがあって鼻につくと感じてもいた。あまりロールしない段階からキュンッとノーズが動きたがる挙動は、ゴーカート・ハンドリングを無理に再現しようとした形跡があり、なんだか不自然だったのだ。さしものBMWも、FFの味作りには苦心したのだろうか?
 だが、そんな懸念も月日が経つごとに薄れていった。今ではクオリティの高い走りと、スポーティ感の演出がどんぴしゃにはまり、日常域からサーキット走行まで、期待を裏切ることがないのだ。
 そもそも、ボディ剛性を始めとして各部のクオリティは申し分ない。サスペンションは想像するよりも深いストロークをみせるが、これが意外とスパイスの効いた味わいに繋がっている。ただ速く走らせるだけだったら、とくにフロントはもっとロールを規制してもいいのだろうが、それをやってしまうと日常域では小気味よく曲がる感覚が薄れてしまうだろう。低い速度域からスーッと曲がっていく感覚と、コーナー立ち上がりで思い切ってアクセルオンしたときの、やりすぎない程度のじゃじゃ馬感。そういったさじ加減が本当にうまい。10年の月日を経て、MINIはゴーカート・ハンドリングを磨きあげてきたのだ。
 その一方で、もうちょっと高い速度域で楽しみたいというハードなユーザーのニーズに応えることにも積極的だ。クーパーSは日常からワインディングを楽しむ領域でベストだが、JCWならば、サーキットでも楽しめる。しかも今ではATも用意することで門戸を拡げている。
 サーキットで試乗してみるとATが想像以上にいい。その日はコース脇に残った雪が溶け出して、ドライとウエットが入り交じった難しいコンディションだったのだが、そんなときにブレーキやハンドル操作に集中できる2ペダルはありがたい。シフトクオリティもトルコンATとしては最高の部類で、シフトアップした直後からダイレクト感があるし、シフトダウンもスムーズ。操作は、ダウンだけをシフトスイッチでマニュアルで行い、アップは自動で任せておけばスピーディでもある。もしかしたら、3ペダルよりもタイムラグがなくて速いと思えるぐらいだ。
 JCWをサーキットで走らせていて、マニアックな視点から唯一気になるのはランフラットタイヤ。とくに今回のように路面の変化が多いと柔軟性がほしくなったりもする。
 そこを解決し、さらに思いっきりレーシーに振っているのが限定のJCW GPだ。タイヤはランフラットではなく、KUMHOと共同開発したグリップ特化型の専用品。スプリングレートは対JCWで約2倍にまで引き上げ、ビルシュタインの倒立モノチューブダンパーを装着。フロントはキャンバーをネガティブ方向へ。ブレーキも特製の6ポッド(フロント)だ。
 サーキットではほかのMINIとはちょっと次元の違う走りを見せつける。ブレーキングをギリギリまで我慢し突っ込んでいけるし、フロントに荷重が強めにのっている状態でもへこたれないでとんでもなく舵が効く。なんの演出もなしに速さを追い求めたJCW GPは、MINIの本当の姿だとも言えるだろう。ファインチューンのエンジン、ドラッグを6%下げながらリヤリフトを90%抑えたという空力などの効果もサーキットでは絶大だ。
 MINIの凄さは、ベースに優れた資質を持っていることはもちろん、ドライバーを楽しませることに対して類い希なセンスがあることだろう。ドライバーの好みやスキル、走るステージなどに合わせて、多種多様なモデルをそれぞれのレシピで絶妙に作り分けている。その隙のなさにはもはや脱帽するしかないのだ。

MINI

MINI

MINI

JCWモデルならではの鮮やかなトリムが目を引くインテリア。パワーに合わせてブレーキも強化。

MINIの走りを極限まで磨き上げたJCW GP。JCWよりもさらに7馬力強力なエンジン、専用エアロパーツ、専用ステッチ入りのレカロシートを備える2シーター。わずか2000台の限定生産モデルとなる。

MINI

AT最速のMINI登場

MINI JCW(6速AT)
全長×全幅×全高:3745×1685×1430mm エンジン:直4DOHCターボ 排気量:1598cc 最高出力:211ps/6000rpm 最大トルク:28.6kg m/1750〜5500rpm サスペンション前/後:ストラット/マルチリンク新車価格:390万〜460万円

PROFILE
石井昌道

レース参戦経験を持つ自動車ジャーナリスト。日々、国内外で行われる新型モデルのテストドライブへ精力的に赴き、ステアリングを握る。専門誌はもちろん、一般誌でも健筆をふるう。

JCWの自動車情報JCWの自動車情報   JCWのカタログを見るJCWのカタログを見る
  JCWの中古車を探すJCWの中古車を探す  
JCWの新車購入情報JCWの新車購入情報   JCWのパーツを探すJCWのパーツを探す
<< BACK
(毎日が楽しくなるMINIがとまらない!)
Page1 毎日が楽しくなるMINIがとまらない!
Page2 みんなを笑顔にするゴーカートフィーリング
Page3 ガレージにMINIがある暮らしの嬉しさ
Page4 MINIが売れ続ける理由
Page5 MINI ALL LINE UP
Page6 カスタマイズ好きのオーナー8人に突撃インタビュー
Page7 あなたはどのMINIがお好き?
NEXT >>
(ガレージにMINIがある
暮らしの嬉しさ)
TOP
(毎日が楽しくなるMINIがとまらない!)
輸入車特集 新着記事

これがアメ車の底力

シボレー、フォードほか

(2014/8/21)

THE FUTURE OF BMW

BMW

(2014/7/17)

ブリティッシュプレミアムの流儀

ジャガー、ランドローバーほか

(2014/6/19)

これがボルボイズムだ

ボルボ

(2014/5/22)

VOLKSWAGEN Q&A

フォルクスワーゲン

(2014/4/17)

徹底的にMINI

MINI

(2014/3/20)

メルセデス・ベンツの底力

メルセデス・ベンツ

(2014/2/20)

2014 今年こそ輸入車を手に入れる!

フォルクスワーゲン、BMWほか

(2014/1/23)

今こそ知りたいポルシェのこと

ポルシェ

(2013/12/19)

アウディという知性

アウディ

(2013/11/21)

10年乗りたいクルマ

フォルクスワーゲン、フィアットほか

(2013/10/17)

輸入車は心のファーストクラスだ

ランドローバー、メルセデス・ベンツほか

(2013/9/19)

他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > 輸入車情報 > 特集 > MINIがとまらない!
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.