輸入車情報 輸入車に関する情報満載!
GooWORLD.jp
中古車ならGoo-net  GooWORLDトップ
Myページ Myページ サイトマップ サイトマップ お問合せ お問合せ
特集 毎回テーマを絞って、気になる輸入車をチェック!
TOP > 輸入車情報 > 特集 >家族も幸せにするクルマってなに?
特集

家族も幸せにするクルマってなに?

ヨーロッパの最新トレンドは小型SUVへとシフトしつつある

走りも使い勝手も抜群なSUVのゆく先はエコ

 家族も幸せにするクルマってなに?アメリカや日本とは違って未だにMTが主流だというほど、自動車に関しては保守的なヨーロッパ。平均速度が高く、操縦安定性に厳しい目が向けられていることもあって、セダンやハッチバックなど低全高モデルでなければ支持されないと思われていたのだが、ここのところ変化が起きているという。ナント、SUVが売れセンなのだそうだ。それもファミリーカーの主役に躍り出そうな勢いで。

 たしかに、アメリカを中心にブームとなった最近のSUVは、ヨーロッパのプレミアム・ブランドがこぞって開発競争しただけあって操縦安定性が飛躍的に高まってきていたが、そんな現象になろうとは……。少し前まではアメリカが主戦場だったため大型車が主流だったが、ヨーロッパでも売るとなると、もう少し小振りなサイズが好ましい。ヨーロッパ・メーカーからミッドサイズのSUVのリリースが増えてきているのは、そういった背景があるわけだ。日本のホンダCR-VやトヨタRAV4などがバカスカ売れているのを指をくわえてみているはずもない。

 あのヨーロッパまで背高クルマが増殖していることに一抹の寂しさを覚えるのではあるが、我が日本でも使いやすいミッドサイズSUVの充実は嬉しい現象でもある。子育て世代でセダンやハッチバックでは空間が足りず、かといってミニバンでは生活臭が漂いすぎる……、そういった悩みを抱えている人にとってヨーロッパ・メーカーのミッドサイズSUVは輝いて映るはずだ。

 さらに、ブランドを大切にする欧州のメーカーだけあって、ハンドリングや乗り味などにもこだわりが感じられるから、クルマ好きでも満足度は高いだろう。たとえばBMWならばSUVであってもシュアなハンドリングを持っており、ワインディングを嬉々として駆けめぐることができる。3シリーズなどセダン・モデルに通じる軽快感があるのだ。その分乗り心地はちょっと硬めになるが、そういったトレードオフが納得できてしまう説得力がある。

 今のところまだラインアップは少ないが、VWティグアンやアウディQ5などは日本への導入が濃厚だし、最近のモーターショーではボルボXC60、ルノー・コレオスなど続々とミッドサイズSUVのニューモデルがお目見えしている。

 気になるのはミッドサイズとはいえ、セダンやハッチバックに比べれば燃費的に不利になること。ガソリンの高騰のおり、それでは食指が動きにくいのは当然だが、今年あたりから日本でもディーゼル乗用車普及の機運が高まりそうなのが一筋の光明。燃費に優れる最新のクリーン・ディーゼルとの組み合わせが一般的になれば、ヨーロッパ製のミッドサイズSUVは旬を迎えることになりそうだ。

BMW X3 総合ページ 中古車検索
BMW X3

スポーティな走りも楽しめる都会派SUV

 プレミアムSUVブームの火付け役となったのがBMWX5。その成功が、ポルシェやメルセデス、ボルボなどに波及していったと言ってもいい。そんな先駆者的なBMWだけに次なる波のミッドサイズSUVのリリースも早かった。日本での発売が06年4月。まるでヨーロッパでのブレークを予見していたかのような周到さだ。X5もSUVらしからぬオンロード性能をもっていたがX3はさらに高い速度域での安定性が抜群で、走りの性能的にもヨーロッパを意識していることが伺いしれる。並みのセダンよりもよっぽどスポーティ。SUVでも走りを楽しみたい人にはオススメだ。

BMW X3 BMW X3

●じつはX5と比べてそれほど小さくはない。ホイールベースは25mm短いだけで室内空間は十分な広さ。低くワイドなテールゲートがラゲッジを使いやすくしている。

ランドローバー フリーランダー2 総合ページ 中古車検索
ランドローバー フリーランダー2

上質になった身近なランドローバー

 4×4専売メーカー、ランドローバーのエントリーモデルだが、昨年6月のフルモデルチェンジで一気にクオリティを高めてきた。先代は、どちらかというと「安価なランドローバー」というイメージだったが、現行はサイズが小さいだけでクオリティや性能に妥協はないといえる。価格もそれなりに引き上げられたが、プレミアムコンパクトSUVというコンセプトどおりに生まれ変わったのだ。乗り味も上質で静粛性が高く、操縦安定性も高いレベル。それでいてランドローバーらしい悪路走破性の高さも持ち合わせている。レンジローバーに通じる高級感があるのだ。

ランドローバー フリーランダー2 ランドローバー フリーランダー2

●シートやカーペットなどに高品質な素材が使用され室内空間は上質そのもの。全乗員が風景を楽しめるようにリヤシートはフロントより50mm高く設定されている。

COMMING SOON
フォルクスワーゲン ティグアン
フォルクスワーゲン ティグアン

日本上陸が楽しみな期待のルーキー

 昨年9月のフランクフルトモーターショーで初公開されたティグアン。全長×全幅×全高は4430×1810×1690mmでRAV4やCR-Vを強く意識したことが伺いしれる。ゴルフでおなじみとなった1.4Lのツインチャージャー、TSIエンジンが採用されており、SUVとしては燃費も悪くなさそうだ。もちろん本国では最新のディーゼル・モデルも用意。ひょっとすると日本で乗れることになるかもしれない。

フォルクスワーゲン ティグアン フォルクスワーゲン ティグアン フォルクスワーゲン ティグアン
<< BACK
Page1 家族も幸せにするクルマってなに?
Page2 ミニクラブマン+ゴルフプラス、カングー
Page3 シトロエンC4ピカソ+ボイジャー、ゴルフトゥーラン
Page4 BMWX3+フリーランダー、ティグアン
Page5 ゴルフヴァリアント+プジョー407SW、レンジローバー
Page6 森口さん、ヨーロッパの人たちって・・・
Page7 キャラクター勝負のできるファミリーカー編
Page8 古き良き輸入車が味わえるファミリーカー編
Page9 いまなら手が届く憧れのファミリーカー編
Page10 走りの良さに定評のあるファミリーカー編
NEXT >>
TOP
他のブランドのカタログをお探しの方

ドイツ
メルセデス・ベンツ   AMG   マイバッハ   スマート   BMW   BMWアルビナ   アウディ   フォルクスワーゲン   オペル   ポルシェ   ヨーロッパフォード   イエス!

イギリス
ロールスロイス   ベントレー   ジャガー   デイムラー   ランドローバー   MG   ミニ   ローバー   ロータス   アストンマーチン   モーガン   TVR

イタリア
フィアット   フェラーリ   ランチア   アルファロメオ   マセラティ   ランボルギーニ   アウトビアンキ

フランス
ルノー   プジョー   シトロエン   ヴェンチュリー

アメリカ
キャデラック   シボレー   ボンテアック   ビュイック   サターン   ハマー   リンカーン   フォード   マーキュリー   クライスラー   クライスラー・ジープ   スタークラフト   ティアラ

韓国
ヒュンダイ   起亜   大字   GMマティス   スウェーデン ボルボ   サーブ   オランダ ドンカーブート   その他輸入ブランド バーキン(南アフリカ)
TOP > 輸入車情報 > 特集 >家族も幸せにするクルマってなに?
プロト【PROTO】株式会社プロトコーポレーション

会社概要 | 利用規約 | プライバシーポリシー | 広告掲載について
COPYRIGHT(C) PROTO CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.