BMW X7 2019年6月(令和元年6月)〜発売中 グレード一覧

BMW X7
マイナーチェンジ・モデル追加・特別限定車追加・価格変更 の年月一覧
2022年5月
令和4年5月
2022年1月
令和4年1月
2021年10月
令和3年10月
2021年9月
令和3年9月
2021年4月
令和3年4月
2021年2月
令和3年2月
2020年9月
令和2年9月
2020年4月
令和2年4月
2019年10月
令和元年10月
2019年6月
令和元年6月

BMW X7 2022年5月(令和4年5月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」は、最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。今回、価格改定を行った(「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」を除く)。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 40d Mスポーツ
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 13,060,000円
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 16,560,000円

BMW X7 2022年1月(令和4年1月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」は、最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。限定車は、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」をベースに、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリア・トリムおよびフロント・センター・アームレストに採用した「xDrive 40d 西陣エディション」(3台限定)を設定。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,690,000円
xDrive 40d Mスポーツ
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 13,050,000円
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 16,550,000円

BMW X7 2021年10月(令和3年10月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」は、最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。限定車は、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」をベースに、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリア・トリムおよびフロント・センター・アームレストに採用した「xDrive 40d 西陣エディション」(3台限定)を設定。今回、「xDrive 40d Mスポーツ」をベースに内外装を漆黒で統一することでスポーティーな個性と存在感を際立たせた限定車「xDrive 40d エディション・イン・フローズン・ブラック・メタリック」を設定(40台限定)。キドニー・グリルやテール・パイプ、22インチBMW Individualアロイ・ホイール758i、Mスポーツ・ブレーキ・キャリパーに至るまで全て黒で統一し、専用装備として採用している。インテリアも、2列目を独立2座としたコンフィート・シート仕様(6人乗り)とした上で、アンソラジットのBMW Individualアルカンタラ・ルーフ・ライナー、ブラックのエクステンデッド・レザー・メリノ、BMW Individualピアノ・ブラック・トリムを採用し、黒で統一された高品質なレザーおよびトリムと共に、唯一無二の世界観と、BMW X7ならではのラグジュアリーな室内空間を実現している。ボディカラーには、「BMW Individualフローズン・ブラック」を採用。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 40d エディション・イン・フローズン・ブラック・メタリック
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 6名 ----km/l 14,660,000円

BMW X7 2021年9月(令和3年9月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」は、最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。今回、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」をベースに、日本が世界に誇る西陣の色彩芸術をインテリア・トリムおよびフロント・センター・アームレストに採用した限定車「xDrive 40d 西陣エディション」(3台限定)を設定。インテリアには、アイボリー・ホワイト・カラーのBMW Individualフル・レザー・メリノ、BMWアルカンターラ・ルーフライナーを採用することで、高級感を演出。ボディカラーには、BMW Individualカラーの「アメトリン」を採用。複数の顔料を巧みに使い、多層塗りによる深みのある色彩を実現しており、光のうつろいによる色彩の変化を最も感じられるカラーとなっている。塗料には、アルミ・フレークやマイカといった複数の顔料を巧みに使い、塗装面は下塗りからカラー層、クリア・コートまで平滑性に拘って丁寧に塗り重ねることで、色彩の深みを出すと共に、光の光度や角度がうつろうに従い宝石のアメトリンのように紫色から、赤、青、黄色と言った複雑かつ美しい輝きを放ち、エレガントなスタイルを際立たせている。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 40d 西陣エディション
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 6名 ----km/l 16,800,000円

BMW X7 2021年4月(令和3年4月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」は、最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。特に高い能力で制動エネルギー回生を行う48Vスターター・ジェネレーターと、それによって発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成されている。48Vバッテリーは電気で作動する機能に電力を供給するだけでなく、電力をスターター・ジェネレーターに戻し、スターター・ジェネレーターが電気駆動システムとして作動することで、追加の駆動力の発生のためにもエネルギーを供給し、内燃エンジンの負荷を軽減すると共に、効率を最適化している。さらに、ジェネレーターは電気を使って加速をブースト(最大8kW/11馬力)することで、発進時および加速中にダイナミックな出力特性をサポートする。また、コースティング機能も採用することによっても、燃費効率を高めている。それと共に、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー採用の新開発の直列6気筒クリーン・ディーゼル・エンジンが搭載となった。直列6気筒エンジンに初めてマルチ・ステージ・ターボチャージャーを採用することでシステムを最適化し、ピエゾ・インジェクションによる最新のコモン・レール・ダイレクト・インジェクションを採用し、パフォーマンスと効率を高めている。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 16,230,000円

BMW X7 2021年2月(令和3年2月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となっている。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。今回、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載の「xDrive 40d」、「xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス」、「xDrive 40d Mスポーツ」を設定。最高出力340馬力(250kW)/4,400rpm、最大トルク700Nm/1,750rpm‐2,250rpmを発生する48Vマイルド・ハイブリッド・テクノロジーを搭載した。特に高い能力で制動エネルギー回生を行う48Vスターター・ジェネレーターと、それによって発電された電気を蓄積する追加のバッテリーで構成されている。48Vバッテリーは電気で作動する機能に電力を供給するだけでなく、電力をスターター・ジェネレーターに戻し、スターター・ジェネレーターが電気駆動システムとして作動することで、追加の駆動力の発生のためにもエネルギーを供給し、内燃エンジンの負荷を軽減すると共に、効率を最適化している。さらに、ジェネレーターは電気を使って加速をブースト(最大8kW/11馬力)することで、発進時および加速中にダイナミックな出力特性をサポートする。また、コースティング機能も採用することによっても、燃費効率を高めている。それと共に、BMWツインパワー・ターボ・テクノロジー採用の新開発の直列6気筒クリーン・ディーゼル・エンジンが搭載となった。直列6気筒エンジンに初めてマルチ・ステージ・ターボチャージャーを採用することでシステムを最適化し、ピエゾ・インジェクションによる最新のコモン・レール・ダイレクト・インジェクションを採用し、パフォーマンスと効率を高めている。この結果、最高出力は前のモデルより75馬力(55kW)アップの340馬力(250KW)、最大トルクは同80Nmアップの700Nmとなり、パフォーマンスと効率性を大幅に向上させた。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 40d
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 11,140,000円
xDrive 40d ピュアデザインエクセレンス
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,500,000円
xDrive 40d Mスポーツ
(ディーゼル)
3CA-TB4230 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,860,000円

BMW X7 2020年9月(令和2年9月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載、最高出力265馬力(195kW)/4,000rpmを発生する「xDrive 35d」、「xDrive 35d デザインピュアエクセレンス」、「xDrive 35d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。すべてに8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となった。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載。さらに、BMWとして初めてトラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。その他、高性能3眼カメラ、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを装備。今回、「M50i」をベースとした存在感ある漆黒のBMW Mモデル「ダーク・シャドウ・エディション」を設定(限定7台)。エクステリアは専用のダーク・エレメントで統一し、スポーティかつインパクトなエクステリア・デザインとなっている。インテリアにおいては、専用のナイト・ブルーをあしらった高品質な内装空間が、夜を彩る特別かつラグジュアリーな世界観を演出している。安全装備は、BMWとして初めてトラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
ダーク・シャドウ・エディション 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 18,600,000円

BMW X7 2020年4月(令和2年4月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載、最高出力265馬力(195kW)/4,000rpmを発生する「xDrive 35d」、「xDrive 35d デザインピュアエクセレンス」、「xDrive 35d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。すべてに8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となった。シートには、厳選した牛革を使用したBMW Individualメリノ・レザーが標準装備となり、さらにセレクト・レバー、Start/Stopボタン等に、透明度の高いクリスタルを採用。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載。さらに、BMWとして初めてトラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。その他、高性能3眼カメラ、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを装備。今回、「xDrive 35d デザインピュアエクセレンス」、「xDrive 35d Mスポーツ」、「M50i」の価格変更を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 35d デザインピュアエクセレンス
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,350,000円
xDrive 35d Mスポーツ
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,710,000円
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 16,030,000円

BMW X7 2019年10月(令和元年10月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載、最高出力265馬力(195kW)/4,000rpmを発生する「xDrive 35d」、「xDrive 35d デザインピュアエクセレンス」、「xDrive 35d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。すべてに8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となった。シートには、厳選した牛革を使用したBMW Individualメリノ・レザーが標準装備となり、さらにセレクト・レバー、Start/Stopボタン等に、透明度の高いクリスタルを採用。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載。さらに、BMWとして初めてトラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。その他、高性能3眼カメラ、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを装備。今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 35d
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 10,990,000円
xDrive 35d デザインピュアエクセレンス
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,290,000円
xDrive 35d Mスポーツ
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,650,000円
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 15,950,000円

BMW X7 2019年6月(令和元年6月) 発売モデル プロフィール・基本スペック

BMW X7 スポーツ・アクティビティ・ビークル(SAV)の最上級ラグジュアリー・モデルとして、高級感溢れる威風堂々としたデザインとラグジュアリー・モデルに相応しい乗り心地、SAVとしての高い実用性を備えた「X7(エックス・セブン)」。ラインアップは、3L 直列6気筒DOHCディーゼル・エンジン搭載、最高出力265馬力(195kW)/4,000rpmを発生する「xDrive 35d」、「xDrive 35d デザインピュアエクセレンス」、「xDrive 35d Mスポーツ」、4.4L V型8気筒DOHCガソリン・エンジン搭載、最高出力530馬力(390kW)/5,500rpmを発生する「M50i」を設定。すべてに8速オートマチックトランスミッションを組み合わせる。全長5,165mm、全幅2,000mm、全高1,835mmという存在感溢れる体躯は、全体を水平な直線で形作られ、最上級モデルとしての堂々たる佇まいを備えたデザインとなった。フロントのキドニー・グリルは、BMWスポーツ・モデルの様な横型ではなく、縦型に近い形状となり、SAVらしい屈強な印象を際立たせ、キドニー・グリルの横に繋がるように配置されたヘッドライトは、地面と水平となるようなフラットでモダンなデザインが採用された。余裕のある室内空間は、2列目/3列目の乗員が長時間快適に過ごせるラグジュアリー感溢れる空間となった。シートには、厳選した牛革を使用したBMW Individualメリノ・レザーが標準装備となり、さらにセレクト・レバー、Start/Stopボタン等に、透明度の高いクリスタルを採用。また、路面状況を各ホイールのセンサ―で感知し、必要に応じて上下それぞれ40mmの間で車高を自動調整する4輪アダプティブ・エア・サスペンションや、カメラによって進行方向の路面状況を詳細に確認し、サスペンションだけでなく、ダンパー調整やロール回避を最適化するエグゼクティブ・ドライブ・プロを採用することで、空を飛んでいるかのような滑らかな乗り心地を実現。安全装備では、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズ・オフ機能付き渋滞運転支援システム」、35km/h以下での走行時に直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムが搭載。さらに、BMWとして初めてトラフィック・サイン・アシスト(速度制限認識)機能が搭載されており、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。その他、高性能3眼カメラ、アクティブ・クルーズ・コントロール(ストップ&ゴー機能付)、レーン・チェンジ・ウォーニング(車線変更警告システム)およびレーン・ディパーチャー・ウォーニング(車線逸脱警告システム)、ステアリング&レーン・コントロール・アシスト、サイド・コリジョン・プロテクションおよび衝突回避・被害軽減ブレーキ(事故回避ステアリング付)、クロス・トラフィック・ウォーニングを装備。右ハンドルのみの設定。
グレード名
型式

排気量

ドア数

シフト

駆動方式

定員

燃費

価格
xDrive 35d
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 10,790,000円
xDrive 35d デザインピュアエクセレンス
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,060,000円
xDrive 35d Mスポーツ
(ディーゼル)
3DA-CW30 2992cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 12,420,000円
M50i 3BA-CX44 4394cc 5 8AT フルタイム4WD 7名 ----km/l 15,660,000円
燃費表示は10・15モード又は10モードに基づいた試験上の数値であり、実際の数値は走行条件などにより異なります。
BMW カタログ一覧
英数 1シリーズ   2シリーズ   3シリーズ   4シリーズ   5シリーズ   6シリーズ   7シリーズ   8シリーズ   M2   M3   M4   M5   M6   M8   Mクーペ   Mロードスター   X1   X2   X3   X3 M   X4   X4 M   X5   X5 M   X6   X6 M   X7   Z3クーペ   Z3ロードスター   Z4   Z8   i3   i4   i7   i8   iX   iX3