ジャガー Fペース 試乗レポート

話題の輸入車 試乗レポート [2016.11.17 UP]

ジャガー Fペース 試乗レポート

ジャガー Fペース

高級サルーンのイメージが強いジャガーブランドからついに初のSUVが誕生した。ひと目でわかるデザインアイデンティティとスポーティで快適なドライビングは、想像以上の魅力にあふれている。

ジャガーらしさが堪能できるSUV

 SUVラインアップを拡充するドイツ車メーカーに遅れをとった感は否めないが、ようやくジャガーもその土俵に乗った。しかも、ご覧のようにかっこいいから、話題にならないわけがない。

 ではその中身はというと、ベースになったのは4ドアセダンのモノコック構造。XEやXFで使われる骨格が共有される。特徴はボディにアルミニウムを使っていること。堅牢かつ軽量のボディを持つのだが、前後50対50の重量バランスにこだわっているのも彼らの哲学だ。スポーツカーメーカーとしてのプライドが伺える。2ドアはもちろん、4ドアセダンでも背の高くなったSUVでもそのバランスは追求される。このクルマの名前に“F”の文字が付くのもそういうことだ。Fタイプの血統がここにあることを示す。

 グレードは、ピュアとプレステージ、RスポーツとSをデフォルトに、限定50台のファーストエディションが用意された。エンジンは180馬力の2L直4ターボディーゼルと3LV6スーパーチャージャー。後者は340馬力と380馬力をグレードで使い分ける。

 このパワートレーンは汎用性の高いものだ。ご承知のとおり、サルーン系を軸に他ラインアップに積まれてきた。ガソリンのV6はFタイプでも使われる力強いユニットで、よりスポーティに味つけられる。しかもエキゾーストサウンドは特筆で、ドライブモードをダイナミックにするとフラップが開きレーシーなサウンドが響きわたるから驚く。3速で高回転まで引っ張ると、まんまレーシングカーだ。これがFペースでも体感できる。まわりのクルマはまさかSUVが発しているとは思うまい。

ジャガー Fペース

 今回試乗した2Lターボディーゼルエンジンを積む20dはそこまでではない。そもそも高回転まで回す特性ではないディーゼルだけに、“攻め”のガソリン車とは別モノ。

 とはいえ、一旦走り出したら軽快なハンドリングと身のこなしはまさにジャガー。連続するワインディングを「これがディーゼル車?」って感じで駆け抜けた。19インチホイールとの相性も悪くなく、高級車的な乗り心地は損なわない。直線ではフラットライドを見せてくれながらコーナーリングでは若干ロールを感じるが、それが操舵感を高める。要するに楽しいのだ。

 そんな走りを楽しみながらこのクルマの魅力を探ると、やはりデザインが第一にくる。奇をてらわないオーソドックスなジャガーらしさが具現化されている。サイズもそれほど大きくないから、使い勝手がいいのに存在感は高いということだ。

 また、インテリアデザインもならではの仕上がり。整理されたスイッチ類は大人の世界といったところ。過美な装飾はなくシンプルに上品に構成される。それでいてレーシーなのがうれしい。センターコンソールの太さはSUVだからとは関係ないところで完結する。ジャガーとはこういうものと言わんばかりである。

 そしてもうひとつの魅力は値段だ。この存在感とジャガーらしいデザイン、それと気持ちのいい走りを有しながらスタートプライスは600万円台に抑えられた。周辺から「1000万円以上するクルマなんでしょ?」という問をよく受けるが、グレードを選べばけっしてそこまではいかない。

 また20dなら、二酸化炭素排出量を抑えながら好燃費も実現。つまり、乗れば乗るほどランニングコストの恩恵を受けることになる。実用性を鑑みれば、これだけ魅力的なSUVは数少ないのではないだろうか。

文●九島辰也 写真●GooWORLD
問い合わせ ジャガーコール TEL:0120-050-689

Detail Check

ジャガー Fペース

ボディをまじまじと見るとボンネットやフェンダーの膨らみが特徴的なのがわかる。これらは見た目はもちろんエアロダイナミクス的効果も発揮する。LEDのレイアウトも個性的。

コックピット

ジャガー Fペース(コックピット)

スポーティというより上品なインテリア。「XF」や「XE」というセダン系に準じる仕上がりだ。センターコンソールの太さが特徴でFR感を出している。ドライブセレクターも特徴。

インテリア

ジャガー Fペース(インテリア)

ダブルステッチの上質なレザーが印象的な室内。リヤ足元や膝まわりも空間があるので大人5名乗車も余裕。一部モデルにはオプションで後席用電動リクライニングが付けられる。

エンジン

ジャガー Fペース(エンジン)

オールアルミ構造のインジニウムディーゼルエンジンは高効率のジャガー自慢のユニット。エンジン自体が軽量で、アイドリングストップ機能と合わせて良好な燃費だ。

ラゲッジルーム

ジャガー Fペース(ラゲッジルーム)

スタイリッシュなボディラインながら積載性もしっかり確保される。リヤシートを畳めばご覧のようにかなり積み込める。もちろん分割可倒式なので、使い勝手も良好だ。

ディテール

ジャガー Fペース(ディテール)

Fペースに“F”の文字が付くのは走りのテイストだけではない。テールランプなどのディテールにもそれは垣間みられる。Fタイプの流れを受け継ぐ。

タイヤ・ホイール

ジャガー Fペース(タイヤ・ホイール)

試乗車は19インチのホイールを履いていた。20dにはこれで十分。見た目と乗り心地が両立される。デザインもシンプルでレーシー。

主要諸元:ジャガー Fペース 20d プレステージ(8速AT)

全長×全幅×全高 4740×1935×1665mm
ホイールベース 2875mm
トレッド前/後 1640/1655mm
車両重量 1920kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
総排気量 1999cc
最高出力 180ps/4000rpm
最大トルク 43.9kg m/1750-2500rpm
サスペンション前/後 ダブルウィッシュボーン/インテグラルリンク
ブレーキ前後 Vディスク
タイヤサイズ前後 255/60R18

全国メーカー希望小売価格(発売 2015年8月)

Fペース 20d ピュア(8速AT) 639万円
Fペース 20d プレステージ(8速AT) 663万円
Fペース 20d Rスポーツ(8速AT) 728万円
Fペース 35t Rスポーツ(8速AT) 849万円
Fペース S(8速AT) 981万円

Body Color

 □ポラリスホワイト  ダークサファイア  エボニーブラック
 オデッセイレッド  アンモナイトグレー  クォーツァイト
※ほか10色。

全体の80%がアルミニウムというボディがもたらす効果

Fペース ボディ

 ジャガーの自信作である新世代の軽量アルミニウム構造が採用されたFペース。軽量で高剛性を具現化するばかりか、前後50対50の重量配分も目指している。結果、ハンドリングやブレーキ性能を高めている。重量も2トン以下に抑えられているが、それ以上に軽快さを体感できるのはさすがだ。

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。