DS 5 試乗レポート

話題の輸入車 試乗レポート [2016.09.15 UP]

DS 5 試乗レポート

DS 5

走りの洗練度を増したDSの看板モデル

 すでにご存知の方も多いと思うが、シトロエンから「DS」というブランドが派生した。目指すのはフランス製高級車で、これまでにないバリューを持つ。今回DS 5がマイナーチェンジしたことで、そのテイストがより多く含まれることとなった。

 たとえばそれはフロントグリルに見られる。グリル中央のバッジは「ダブルシェブロン」から「DS」に変更、ヘッドライトユニットも大きく変わった。LEDをきれいに並べることで、高級感を出している。それと同時に足元も意匠変更。18インチの専用ホイールで未来的な雰囲気を醸し出す。「これぞ“DS”」といった感じだ。

 インテリアを覗き込むとさらに“らしさ”が光る。レザーパッケージのクラブレザーシートは個性的で他に類を見ないし、ダッシュパネルのアナログ時計も目を惹く。なんたってフェイスがスクエアなのだから目新しい。イメージはかなり前衛的となる。

DS 5

 エンジンは1.6L直4ツインスクロールターボを搭載する。マックスパワーはこれまでより9馬力上がった165馬力で、6速ATと組み合わされる。この組み合わせはDS 4でも積まれる実績あるものだ。6速ATは第3世代となったことで、シフトチェンジのスピードが上がり、レスポンスを早めているのが特徴。実際に走り出してもスポーティさを増し、走りは楽しくなったことがわかる。

 ただDS 4よりは車重が少々かさむこともあって、高速域であと一歩伸びがほしい気もした。街中を普段使いしていれば気づかないが、高速移動を頻繁にこなすひとは少々気になるかもしれない。

 とはいえ、それを上まわる乗り心地のよさはさすがフランス車。フロントにマクファーソン式ストラット、リヤにトーションビームとそれほど凝ったつくりではないのだが、見事なセッティングでフランス車フリークを楽しませてくれる。

文●九島辰也 写真●澤田和久
問い合わせ シトロエン コール TEL:0120-55-4106

Detail Check

コックピット

DS 5(コックピット)

DSブランドらしく前衛的なデザインが施されるコクピット。ダッシュ中央のアナログ時計やセンターコンソールの2列に並んだスイッチなど個性が発揮される。D字型のステアリングもそんな世界観を醸し出す。

インテリア

DS 5(インテリア)

レザーパッケージには写真のクラブレザーシートが装着される。デザインが個性的なのは見たまま。カラーはブラウン、ダークブラウン、レッドの3パターンが用意される。

エンジン

DS 5(エンジン)

コンパクトなエンジンを低く中央よりにマウントするのはトレンド。クラッシャブルゾーンを確保し、重心も低く保つ。

ラゲッジスペース

DS 5(ラゲッジスペース)

リヤシートは6対4の分割可倒式を採用。実用性は保たれる。低く構えるルーフエンドからして天井はそれほど高くない。

主要諸元:DS 5 シック レザー パッケージ(6速AT)

全長×全幅×全高 4535×1870×1510mm
ホイールベース 2725mm
トレッド前/後 1580/1605mm
車両重量 1560kg
エンジン 直4DOHCターボ
総排気量 1598cc
最高出力 165ps/6000rpm
最大トルク 24.5kg m/1400-3500rpm
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ディスク
タイヤサイズ前後 235/45R18

全国メーカー希望小売価格(発売 2016年4月)

DS 5 シック(6速AT) 409万円
DS 5 シック レザー パッケージ(6速AT) 454万円

Body Color

 □ブラン ナクレ  グリ ハリケーン  ノアール ペルラネラ  ブルー アンクル
 グリ プラチナム  ウィスパー  グリ アルタンス

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。