フィアット パンダ 試乗レポート

話題の輸入車 試乗レポート [2013.07.18 UP]

フィアット パンダ 試乗レポート

フィアット パンダ

3代目のフィアット・パンダが日本に上陸。シンプルなデザインにイタリア車の遊び心が満載。ツインエアやスタート&ストップなどの最新メカと高いユーティリティを備えた新世代コンパクトだ。

2011年にフランクフルトモーターショーで発表された新型パンダが、いよいよ日本でも発売となった。初代から数えると3代目となるこのクルマは、実用性を備えたAセグメントのコンパクトカーである。

 “実用性を備えた”という理由は、基本コンポーネントをフィアット500やイプシロンと共有するから。3兄弟のなかでユーティリティにもっとも勝るのはこれだ。具体的には、従来比で室内長が20mm延長され、カーゴも10L拡大されている。パッケージングから見てもわかるように天井高も兄弟車のなかでいちばん高く、さらにリヤシートを分割可倒すればカーゴスペースの自由度は増す。

 そう考えると、500では積載性に問題ありと考える人にはオススメ。実際に500を長期レポートで半年以上乗っていたが、クルマ2台体制で成立する部分は大きい。もし1台ですべてをまかなうなら、もう少しスペースはほしいところである。

 もちろん、メーカーはそうした声に応えるためこのパンダを開発した。その意味では500からの乗り換えも実際にありそうだ。ちなみに、ヨーロッパには500Lというモデルもある。プントベースのそれは500よりも600mm長い。イメージ的にはMINIに対するクロスオーバーといったところだ。クロスオーバーの成功を横目で見て開発したのかは知らないが、サイズもそれに近い。大衆車メーカーであるフィアットだけに、その辺は細かくマーケット分析する必要があるのだろう。

 さてこのパンダだが、日本仕様は“EASY”のワングレードのみというから潔い。エンジンは500でお馴染みの直列2気筒8バルブ+インタークーラー付ターボのツインエアのみ。その意図は、初期投資を少なくしプライスを抑えるといったところだろう。ただ、今後はわからない。初代パンダがそうであったように、本国にはパンダ4×4という4WDモデルもある。う〜ん、この辺はなかなかステアリングを握る機会がないだけに興味は募る。

ミニマムなボディも使い方は自由自在!

フィアット パンダ(背面)

 では、実際に走らせた感想だが、ツインエアもそうだが、まずデュアロジックと呼ばれる5速シーケンシャルトランスミッションに驚いた。前述したようにこれまで同ギヤボックスを積んだ500の試乗はもちろん、長期レポートも行ってきたが、こんなにスムーズでナチュラルなものはなかった。不快な変速時のギクシャク感はなくなり、いたってシームレスな動きとなっていた。これなら助手席の人に、「もしかしてMT?」なんて思われなくてすむ。

 また、ツインエアもそのオールドスクールな味は残しつつ完成度が高まった。加速時のドッドッドという単気筒風なテイストでドライバーの心をくすぐりながら、加速後は滑らかにクルマを走らす。いやはやオヤジ世代にはたまらない仕上がりである。もっといえば、スタート&ストップシステムも好調。再スタート時の振動が大幅に減り、かなり自然な作動となっている。

 考えてみれば、こうした技術進歩はこのクルマに限ったことではなく、供給元であるフィアット・パワートレーン社の進化にほかならない。だが、冒頭に記した“実用性を備えた”という面からすると重要な要素であることは間違いない。

 乗り心地は15インチタイヤということもあり、ゴツゴツしたところなく走る。ハンドリングも若干デジタル感は残るが、熟成した電動パワステが気持ちよくコーナーを駆けさせてくれる。あとはこいつをどう使いこなすか。カスタムベースにも、もってこいの1台に思える。

文●九島辰也 写真●GooWORLD
問い合わせ チャオ・フィアット TEL:0120-404-053

Detail Check

コックピット

フィアット パンダ コックピット

カラーリングされた部分など500にも通じるインパネまわり。シフトノブの位置もそれに準じる。とはいえ、スクエアというか楕円を基調としたデザインなど、オリジナリティも多数見られるのがミソ。内外装ともにバランスがとれている。

エンジン

フィアット パンダ エンジン

エンジンは500で有名となった0.9L直2ターボ。スペース効率の点からも優位性が高いのはいわずもがな。初代パンダに2気筒モデルがあったことを思い出した。使用ガソリンはハイオク。

インテリア

フィアット パンダ インテリア

シートはすべてファブリックで、カラーは写真のような2トーンからなる。2種類のコンビネーションから選ぶことができる。5人分のヘッドレストと3点式シートベルトが装備される。

ラゲッジスペース

フィアット パンダ ラゲッジスペース

リヤシートは40対60の分割可倒式。なので、すべて倒して広々と使うことも可能。カーゴ床下収納もしっかりと用意されている。

主要諸元:フィアット パンダ イージー(5速AT・デュアロジック)

全長×全幅×全高 3655×1645×1550mm
ホイールベース 2300mm
トレッド前/後 1410/1405mm
車両重量 1070kg
エンジン 直2マルチエアターボ
総排気量 875cc
最高出力 85ps/5500rpm
最大トルク 14.8kg m/1900rpm
サスペンション前/後 ストラット/トーションビーム
ブレーキ前/後 Vディスク/ドラム
タイヤサイズ前後 185/55R15

全国メーカー希望小売価格(発売 2013年5月・2013年6月)

パンダ イージー(5速AT・デュアロジック) 208万円

Body Color

 ピースフル ホワイト  イタリアン レッド  スイートドリーム ターコイズ
 バレンタイン レッド  スイートキャンディー ベージュ

スタート&ストップのオンオフやパワステの重さも変更可能

 パンダはエンジンをかけると、スタート&ストップシステムが自動的にONになる。よって信号などでエンジンが停止するわけだが、それを解除するボタンも用意される。左の写真がそれだ。右はシティモードのスイッチ。これを押せばパワステがグッと軽くなり、縦列駐車や車庫入れがスムーズになる。この値段で電子デバイスは豊富に積まれる。

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。