シボレー コルベット 試乗レポート

話題の輸入車 試乗レポート [2014.06.19 UP]

シボレー コルベット 試乗レポート

シボレー コルベット
文●九島辰也 写真●内藤敬仁 問い合せ GMフリーダイヤル TEL:0120-711-276

60年にわたり、アメリカンスポーツを体現してきたシボレー コルベット。このほど登場した7代目は、アイデンティティのOHVユニットなどを堅持しながら驚くほど洗練された「ダイナミズム」を獲得していた。

 ご覧いただきたい。スーパーカーである。流れるようなボディに厳ついマスク。ボタンひとつで大きなウイングが出てきて、そのまま空へ飛んで行く様が目に浮かぶ。

 そんなスタイリングに仕上がったのは空力を考慮したからだ。彼らは2000年から本格的にレース参戦し、それを市販車に反映してきた。エアロダイナミクスと軽量化はその最たるものだろう。先代のC6もまたそんな状況下で生まれたモデルだ。ル・マン24時間レースを“走る実験室”とし、その経験を取り入れた。その意味ではC7はその延長線上にある。というか、C6では出来なかった領域をこいつで実現した。

 進化したエアロダイナミクスは、ダウンフォースを稼ぐばかりか、冷却効果も持ち合わせる。たとえばフロントのアンダーグリルから取り入れた空気は一度ラジエーターに取り込まれ、その後エンジンフード中央のベントから上へ向かって排出される。つまりこれは、ダウンフォースと冷却を同時に行うというものだ。また、サイドベントはフロントブレーキを、リヤクォーターパネル上部のベントはトランスアクスルを冷却する。高性能になった分、熱処理に重点が置かれた。

 そして出来上がったのがこのスーパーカーのようなフォルム。ロングノーズ&ショートデッキは継承され、FRスポーツらしさを醸し出す。ただ一部伝統のデザインが消えてしまったのは残念。ラウンドしていたリヤガラスや丸型のテールランプをC7は装備しない。ボディ剛性を少しでも上げるためリヤガラスを小さくしたのだろう。テールランプは……新しさを求めた結果か。

キャデラック CTS (背面)

 それではパワートレーンに話を進めよう。エンジンはLT1と呼ばれる6.2L V8が積まれる。最高出力は460馬力。うれしいのは伝統のOHVとなる点だ。C6もそうであったが、毎回ここはツインカム化が議論される。が、今回も伝統の味が残された。また、LT1という呼称もファンには喜ばしい。C4時代のそれを思い出させるからだ。オールドネームの復活である。ただし、当然のこと中身は別モノ。今回は直噴化され、可変バルブタイミングも装備した。また運転状況で4つのシリンダーを休止するシステムも稼働する。

 そして組み合わされるギヤボックスは6速ATと7速MTという設定。従来のようなトランスアクスル方式で前後のバランスをとっている。

 グレードはスタンダードとZ51という設定。後者はエンジンをドライサンプ化したり専用のエキゾーストシステムを装備する。それにパワーも6馬力上げファイナルギヤレシオも変更した。もちろん、ダンパーを含めサスペンションも異なる。

 さて試乗だが、ハンドルを握ったのはC7のスタンダードモデルだった。サーキットでのテストは用意されなかったのが残念だが、街中とワインディングを走ることはできた。

 印象はかなり乗りやすいといったものだった。乗り心地はよく、操作系もきわめて扱いやすい。アクセルワークもそれほどシビアには感じられなかった。ただ、有り余るパワーは底知れず、どこまでも加速する状態に驚きは隠せない。これまでもコルベットの試乗は何度も行っているが、このパワーは絶大だ。と同時にクルマのバランスがいいのか安定感も強く感じられる。ただ、パワーだけがすごいのではなく、クルマとしての完成度も相当高そうだ。それにブレーキパワーは呆れるほどすごい。これならアクセルを遠慮なく踏める。いやはやこのスーパーカー、かなりいい仕上がりである。

Detail Check

コックピット

シボレー コルベット  コックピット

ドライバーオリエンテッドなダッシュパネルは伝統的なもの。まるで戦闘機のコクピットのようなレイアウトだ。モニターはオプションのナビゲーションシステム。

エンジン

シボレー コルベット  エンジン

C4時代と同じLT1と呼ばれる新エンジン。シボレー的に“スモールブロック”と呼ぶ。シリンダー休止システムで燃費も期待できそうだ。

インテリア

シボレー コルベット  インテリア

グレードによってシートは異なる。どれもバケットタイプでレーシーだが、形状が少しずつ異なるからおもしろい。カラーは4種類。写真は“アドレナリンレッド”。強烈なネーミングがつけられた。

ラゲッジスペース

シボレー コルベット   ラゲッジスペース

クーペながらハッチバックのようにテールゲートを持つ。で、スペースはこんなもの。深さがないのであまり実用性はないと思っていい。ただ、取り外したルーフはしまえるのでご安心くだされ。

エクステリア

シボレー コルベット   リヤ

フロントはHID+LED、リヤはLEDというライトまわり。ターンシグナルがLEDなのでかなり新しい印象を得る。ポジション点灯もかっこいい。

シボレー コルベット   フロントフェンダー

フロントフェンダー後部には印象的なエアダクトが備えられる。デザインのアクセントとともにもブレーキ冷却に効果のある優れものだ。

タイヤ

シボレー コルベット タイヤ

スタンダードがF18対R19、Z51はF19対R20インチという設定。20インチのリヤは扁平率30というウルトラロープロファイルとなる。

主要諸元:シボレー コルベット クーペ(6速AT)

全長×全幅×全高 4510×1880×1230mm
ホイールベース 2710mm
トレッド前/後 1600/1570mm
車両重量 1540kg
エンジン V8 OHV
総排気量 6153cc
最高出力 460ps/6000rpm
最大トルク 63.6kg m/4600rpm
サスペンション前/後 ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前/後 Vディスク
タイヤサイズ前後 245/40ZR18・285/35ZR19

全国メーカー希望小売価格(発売・発表 2013年12月・2014年4月)

コルベット クーペ(7速MT/6速AT) 918万2000円/929万円
コルベット クーペ Z51(7速MT/6速AT) 1088万2000円/1099万円
コルベット コンバーチブル(6速AT) 989万円
コルベット コンバーチブル Z51(6速AT) 1159万円

BodyColor

 トーチレッド   ベロシティイエローティンコート   □アークティックホワイト
 サイバーグレーメタリック   ブラック 

冷却とダウンフフォースで空気を積極的に活用

シボレー コルベット  ラジエーター

 “空気を味方にする”を合い言葉につくられたC7。上の写真が表すフロントエンジンフードのベントもそのひとつ。アンダーグリルから吸入したエアがラジエーターを冷やしてからダウンフォースを稼ぎながら放出される。クルマはスピードが上がると浮き始めるので、この効果は思いのほか高いといえる。

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。