最終回 2016年、今年こそ素晴らしい1台と出会うために 輸入車の賢い購入法

GooWORLD特集記事 [2016.02.12 UP]

中古車購入でねらうのは値動き直後の買い時モデル

中古車の購入にもお得に買うためのルールがある。今回は編集部がオススメする中古車市場の旬なモデルを紹介しよう。

文と写真●GooWORLD

お買い得モデルを選ぶことが満足度に直結する

 お得に買うというのは、単純に価格が安ければよいというものではない。支払った金額に見合った満足が得られるかどうか。これがもっとも大切なのだ。そして、満足度はクルマの良し悪しは当然として、ランニングコストが自分に相応かどうかや家族からの意見も左右してくるだろう。

 さらに、同じモデルでも購入時期によって大きく相場が異なることも覚えておきたい。たとえばモデルチェンジやマイナーチェンジの後は相場が下がる傾向にある。新車情報をチェックして、モデル末期のモデルがあれば、今後安くなる可能性があるわけだ。それを踏まえて、今回は8台のいま買い時なモデルを紹介していく。

1.BMW 3 Series
ビー・エム・ダブリュー 3シリーズ
ビー・エム・ダブリュー 3シリーズ

スポーツマインド全開 乗って楽しい4ドア

 2015年にマイナーチェンジを受けた3シリーズ。それを受けて従来型は今後安くなると思われる。オススメのグレードは2Lディーゼルを積む「320d」。トルクフルなエンジンはスポーツセダンの相性に意外とマッチする。大人4名がしっかり乗れるのも◎。

2012年 ビー・エム・ダブリュー 320d ブルーパフォーマンスMスポーツ(8速AT)

全長×全幅×全高 4625×1800×1430mm
車両重量 1550kg
エンジン 直4DOHCディーゼルターボ
最高出力 184ps/4000rpm
最大トルク 38.7kg m/1750-2750rpm
排気量 1995cc
中古車価格帯 240万〜510万円(12年〜15年 ※セダンのみ M3除く)

2.MERCEDES-BENZ C-Class Coupe
メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ
メルセデス・ベンツ Cクラス クーペ

モデルチェンジ間近で注目度の高いクーペ

 先代Cクラスのマイナーチェンジのタイミングで加わったのがクーペ。エレガントな佇まいとスポーティな走りが魅力のモデル。すでに新型が欧州で発表となり、モデルチェンジ後は相場も動くと予想される。これから注目したい1台である。

2011年 メルセデス・ベンツ C250ブルーエフィシェンシー クーペ(7速AT)

全長×全幅×全高 4640×1780×1390mm
車両重量 1580kg
エンジン 直4DOHCターボ
最高出力 204ps/5500rpm
最大トルク 31.6kg m/2000-4300rpm
排気量 1795cc
中古車価格帯 200万〜400万円(11年〜15年 ※AMGを除く)

3.LAND ROVER RANGE ROVER SPORT
ランドローバー レンジローバー スポーツ(先代)
ランドローバー レンジローバー スポーツ(先代)

レンジローバーの名を持つスポーティなSUV

 ポルシェ カイエンやBMW X5などのスポーツSUVをライバルとするレンジローバースポーツは、見た目も走りもアグレッシブ。エンジンは4.2Lから5LのV8が数種類が設定された。2013年後半にモデルチェンジをして300万円台から買えるように。

2009年 ランドローバー レンジローバースポーツ 5.0V8スーパーチャージド(6速AT)

全長×全幅×全高 4795×1930×1810mm
車両重量 2580kg
エンジン V8DOHCスーパーチャージャー
最高出力 510ps/6000-6500rpm
最大トルク 46.1kg m/2500-5500rpm
排気量 4999cc
中古車価格帯 320万〜600万円(05年〜13年 ※全グレード)

4.MINI CLUBMAN John Cooper Works
ミニ クラブマン ジョン・クーパー・ワークス(先代)
ミニ クラブマン ジョン・クーパー・ワークス(先代)

6速MTも選べる高性能なMINIワゴン

 MINIのワゴンバージョンがクラブマン。その高性能モデルがジョン・クーパー・ワークスである。全長4m未満の小柄なボディに211馬力の強力な心臓を持つのが特徴。6速MTも設定するのでスポーツカーとしての資質も高い。価格も手ごろでオススメ。

2009年 MINI クラブマン ジョン・クーパー・ワークス(6速MT)

全長×全幅×全高 3960×1685×1445mm
車両重量 1260kg
エンジン 直4DOHCターボ
最高出力 211ps/6000rpm
最大トルク 26.5kg m/1850-5600rpm
排気量 1598cc
中古車価格帯 200万〜280万円(09年〜15年 ※JCWのみ)

5.AUDI A4
アウディ A4
アウディ A4

高品質な内外装と安定感ある走りが魅力

 先代A4は、それまでの歴代A4と比べてもエンジンレイアウトなど基本的な部分を見直してダイナミクスが大きく向上。それでいながらアウディの強みであるハイクオリティを実現した実力派プレミアムセダン。新型登場が秒読みで、今後安くなるはず。

2012年 アウディ A4 2.0TFSIクワトロ(7速AT・Sトロニック)

全長×全幅×全高 4720×1825×1440mm
車両重量 1680kg
エンジン 直4DOHCターボ
最高出力 211ps/4300-6000rpm
最大トルク 35.7kg m/1500-4200rrpm
排気量 1984cc
中古車価格帯 150万〜470万円(08年〜15年 ※セダン全グレード)

6.VOLKSWAGEN GOLF
フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)
フォルクスワーゲン ゴルフ(先代)

ベーシックだけどやっぱりゴルフはイイクルマ!

 国内輸入車販売台数でトップをひた走るゴルフ。先代モデルは、いまの視点で見ても品質感はライバルと比べて圧倒的。まさにハッチバックの王者と言える存在だ。高性能バージョンのRを除けば、100万円台という手ごろな価格で買えるのもうれしい。

2009年 フォルクスワーゲン ゴルフ TSIハイライン(7速AT・DSG)

全長×全幅×全高 4210×1790×1485mm
車両重量 1340kg
エンジン 直4DOHCターボ+スーパーチャージャー
最高出力 160ps/5800rpm
最大トルク 24.5kg m/1500-4500rpm
排気量 1389cc
中古車価格帯 80万〜250万円(09年〜13年 ※Rを除く)

7.FORD MUSTANG
フォード マスタング(先代)
フォード マスタング(先代)

スペシャルティカーに乗ると生活がもっと楽しくなる

 新型マスタングも魅力だが、価格を考えると先代の注目度は高い。初代を彷彿とさせるレトロなスタイルとゆったりしたセッティングの乗り味は、ザ・アメ車。しかし後輪駆動ゆえスポーツカー的な楽しみ方もできる。生活を彩るオアシスのようなクルマ。

2012年 フォード マスタング V8 GTコンバーチブル(6速AT)

全長×全幅×全高 4815×1880×1415mm
車両重量 1740kg
エンジン V8DOHC
最高出力 426ps/6500rpm
最大トルク 53.9kg m/4250rpm
排気量 4951cc
中古車価格帯 170万〜420万円(06年〜14年 ※クーペ/コンバーチブル全グレード)

8.JEEP WRANGLER Unlimited
ジープ ラングラー アンリミテッド
ジープ ラングラー アンリミテッド

オフロード走行を得意とするヘビーデューティなジープ

 ジープのラインアップ中、もっともオフロード志向が強いのがラングラー。アンリミテッドは5ドアにより日常での使い勝手を高めたモデル。この世代から品質感が一段と高まり、満足度の高いモデルとなった。登場から8年が経ち、価格も手ごろに。

2007年 ジープ ラングラー アンリミテッド スポーツ(4速AT)

全長×全幅×全高 4705×1880×1845mm
車両重量 1980kg
エンジン V6OHV
最高出力 199ps/5000rpm
最大トルク 32.1kg m/4000rpm
排気量 3782cc
中古車価格帯 250万〜470万円(07年〜15年 ※全グレード)

CLOSE-UP 中古車の3つの魅力とは

 中古車というのは奥が深いもの。最新型が最良・・・というルールは、クルマの世界では当てはまらないことも多い。その魅力のひとつは、コストパフォーマンス。もうひとつは生産終了モデルが手に入ることだ。これを心に留めておけばクルマ選びはさらに楽しくなる。

1 新車価格に対しての値落ち感が大きい

 高額車であればあるほど、経年における値落ちの幅は大きくなる。たとえば1000万円の高級サルーンが、1年落ちの登録済み未使用車になっただけで100万円〜200万円安くなることも。新車以外はダメ!という先入観は捨てるべし。

2 現行型で失われてしまったテイストを持っている

 ここ最近のモデルだと安全性や燃費は新しいもののほうが優秀。しかし、走りのフィーリング、デザイン、コストをかけて開発されたかどうか・・・などは、最新型が必ずしもよいとはかぎらない。幅広い視点でクルマ選びをしてみよう。

3 クオリティと価格のバランスがよい

 これは、3年〜5年落ちの車両に当てはまる。マイナーチェンジやフルモデルチェンジで中古車相場は安くなることが多い。3年〜5年落ち程度だと古さも感じない上に価格は魅力的に。このバランスのよさは、中古車ならではと言える。


※ナンバープレートはハメ込み合成です。

1

ソーシャルでシェアしよう!

お役立ちガイド

認定中古車という選択
認定中古車という選択 どのように乗られてきたかなどはなかなか知り得ないもの…メーカーが認定保証する中古車なら安心
残価ローンという選択
残価ローンという選択 数年後の車両の価格を予め決め、残りの金額を分割払いにするという仕組み、残価設定ローンを活用すれば月々の支払額をググッと…
輸入車ガイド
輸入車ガイド 中古車・新車情報、プロフィールや基本スペックなどのカタログ情報を掲載

Goo車検

ウェブで完結!Goo車検
ウェブで完結!Goo車検ご希望の場所まで引取&納車、お支払いもカードでかんたん決済!Goo車検はGooが提供する車検取次サービスです。