•  
    セダンのような快適さとワゴン並みの積載力、そしてクロスカントリービークルに匹敵する悪路走破性を1台にまとめたのがSUV。優れた使い勝手とタフなルックス、そして見晴らしの良さからSUVはたちまち世界中で人気モデルとなった。BMWは早くからSUVの可能性に着目、そこへさらに独自の「スポーティ」というスパイスを加えた初代X5を、SAV(スポーツ・アクティビティ・ビークル)という言葉と共に送り出した。2000年に発表されたX5はその実力の高さで世界中を驚かせ、あっという間にカテゴリーのトップモデルへと躍りでることに成功。以来、BMWのXシリーズは改良を重ねながらバリエーションを拡充してきた。そしてさらに注目なのが、そんな充実のXシリーズが認定中古車としても選べるということ。Xシリーズならではのスポーティな走りを、よりリーズナブルに楽しめるというわけだ。
    上に紹介しているのは、現在販売されているBMW Xシリーズを、そのキャラクターごとに表現したもの。横軸が価格をあらわすのはともかくとして、縦軸がスポーティさの指標となっているのがBMWらしいところ。簡単に言えば、X1、X3、X5といった奇数のモデル名はユーティリティとスポーティさのバランスが取れたモデルで、X4、X6といった偶数のモデル名を持つものが、より個性を際立たせたスペシャルなタイプと考えるとわかりやすい。なお、新車であれば、予算に応じて自然と購入ターゲットは決まってしまうが、認定中古車となれば一気にその範囲が広がるのも嬉しいところ。それでいて、メーカーならではの手厚いサポートが受けられるのだから安心である。  
     

     
    4,485×1,800×1,575mm

    4,665×1,880×1,675mm

    4,680×1,880×1,625mm

    4,910×1,940×1,760mm

    4,925×1,990×1,700mm