Mモデルがユニークなのは、ただ高性能を追求するだけでなく、ドライバーとの一体感、気持ち良さといった目に見えない部分に対するこだわりを徹底していること。数字上のパワーを追い求めることは他のメーカーにも真似できるが、クルマ好きが心酔できるMの深みまで到達しているブランドはじつは数少ない。現在では、従来Mの名声を大いに高めたM5やM3&M4といった定番モデルのほか、M6のようなラグジュアリーモデルやX6のようなSAVにまで、そのラインアップは拡大。駆け抜ける喜びを凝縮させた、特上のドライビング体験を数多くのシーンで楽しめるようになっている。
   

 
Mモデルが培ってきた走りへのこだわり、控えめでいながらも確実に違いを感じさせるルックス、そしてドライバーの気持ちを高ぶらせるインテリアのあつらえをエッセンスとして凝縮、より身近にしてくれるのがMスポーツという存在だ。日常での使い勝手や価格設定はベースモデルに順次ながら、パッケージオプションという形で選択可能なMスポーツ仕様は、これまで数多くのファンを楽しませてきた。「ノーマルでは物足りない。でも、Mではちょっと重い」そう考えるユーザーにとって、Mの旨味がバランスよく注入されたMスポーツは、きっといい選択になるにちがいない。