ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ(PHANTOM_DROPHEAD_COUPE)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

ロールスロイスの新車ディーラーを探す

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2016年2月(平成28年2月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。搭載エンジンは、6749ccのV型12気筒48バルブ、338kw(460馬力)/5350rpmを発生。8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。今回、価格変更を行った。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 59,270,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2014年10月(平成26年10月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。搭載エンジンは、6749ccのV型12気筒48バルブ、338kw(460馬力)/5350rpmを発生。8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。今回、価格変更を行った。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 58,100,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。搭載エンジンは、6749ccのV型12気筒48バルブ、338kw(460馬力)/5350rpmを発生。新設計の8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。燃費は複合モードで10%向上し、その結果、CO2排出量も347g/kmに低減。特徴的でモダンなフロントエンドは、バンパーのスタイルが変更され、長方形のフロントライト開口部が、フルLEDのライトクラスターを囲み、これによって「アダプティブ・ヘッドライト」の搭載が可能となった。また、新たな電子プラットフォームを基盤として、新設計のドライバーアシスト技術を追加。AVコンテンツ、衛星ナビゲーションマップ、ドライバー情報は、8.8インチのコントロールセンターディスプレイに表示。フロント、リアおよびトップビューのカメラシステムが、特にスペースの限られた都市環境での走行をサポートし、バックで駐車する際には、自動的に後進経路予測がディスプレイに表示される。また、よりパーソナル感を演出できるオプションも用意されており、無垢仕上げの「ブラッシュド・スチール・ボンネット」や、リアフードカバーを飾るチーク材のデッキなども用意。左右ハンドルの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 57,450,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2012年3月(平成24年3月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。搭載エンジンは、6749ccのV型12気筒48バルブ、338kw(460馬力)/5350rpmを発生。今回、改良が行われ、ファントム(Phantom)シリーズIIへと変革を遂げた。新設計の8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。燃費は複合モードで10%向上し、その結果、CO2排出量も347g/kmに低減。特徴的でモダンなフロントエンドは、バンパーのスタイルが変更され、長方形のフロントライト開口部が、フルLEDのライトクラスターを囲み、これによって「アダプティブ・ヘッドライト」の搭載が可能となった。また、新たな電子プラットフォームを基盤として、新設計のドライバーアシスト技術を追加。AVコンテンツ、衛星ナビゲーションマップ、ドライバー情報は、8.8インチのコントロールセンターディスプレイに表示。フロント、リアおよびトップビューのカメラシステムが、特にスペースの限られた都市環境での走行をサポートし、バックで駐車する際には、自動的に後進経路予測がディスプレイに表示される。また、よりパーソナル感を演出できるオプションも用意されており、無垢仕上げの「ブラッシュド・スチール・ボンネット」や、リアフードカバーを飾るチーク材のデッキなども用意。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 55,800,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2010年7月(平成22年7月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。460psを発生する、6,749ccのV型12気筒48バルブを搭載、電子制御6速ATと組み合わせる。今回、価格改定と一部仕様変更を行い、内装色をファントムシリーズで共通とした。カラーバリエーションは、全12色で「クレームライト」、「モカシン」、「ダークスパイス」、「コンソートレッド」などがラインナップされている。それぞれの内装色は、単色レザーとなる「モノインテリア」と、2色レザーの組み合わせになる「コントラストインテリア」の2パターンを用意した。さらに、オプション以外で様々なオーダーが可能になる「ビスポークプログラム」を採用。このプログラムにより、ボディカラーは最大4万4000パターンの中からカスタムオーダーできる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-2D68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 54,915,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2009年6月(平成21年6月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。ロールス・ロイスの厳格な品質基準を満たすべく、最高品質の原料を用い、熟練した職人の手によって仕上げられ、軽量ながら剛性の高い総アルミニウム製のスペースフレームを採用し、滑らかな流線型のコンバーチブルボディに最新のテクノロジーを融合する。ブラシ仕上げのスチールを使ったボンネットと、リアフードカバーを飾るチーク材のデッキ。ブラシ仕上げのスチールボンネットは、機械を使って均一な質感を出した後、さらに完璧な光沢を出すために手作業で念入りに磨き上げられる。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。460psを発生する、6,749ccのV型12気筒48バルブを搭載、電子制御6速ATと組み合わせる。今回、価格が見直された。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-2D68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 51,700,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ 2007年5月(平成19年5月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)としては、2002年のコーニッシュ以来のコンバーチブルモデルとなる、2ドア4シーター「ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drophead Coupe)」。ロールス・ロイスの厳格な品質基準を満たすべく、最高品質の原料を用い、熟練した職人の手によって仕上げられ、軽量ながら剛性の高い総アルミニウム製のスペースフレームを採用し、滑らかな流線型のコンバーチブルボディに最新のテクノロジーを融合する。ブラシ仕上げのスチールを使ったボンネットと、リアフードカバーを飾るチーク材のデッキ。ブラシ仕上げのスチールボンネットは、機械を使って均一な質感を出した後、さらに完璧な光沢を出すために手作業で念入りに磨き上げられる。容量315Lのゆったりしたトランクは、上下分割型のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易にできるとともに、下部のテールゲートを降ろせば、大人2人がゆったり座ることができるベンチとしても使用可能。布製のフードは既存のコンバーチブルの中では最大で、高速走行時でも車内の静けさを保つ5層構造。ロールス・ロイス独自のエレガントなリアヒンジ・コーチドアは、座席への乗り降りをスムーズにする。460psを発生する、6,749ccのV型12気筒48バルブを搭載、電子制御6速ATと組み合わせる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-2D68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 52,185,000

ロールスロイス ファントム・ドロップヘッドクーペの車種カタログ情報ならGooWORLD