ロールスロイス ファントム・クーペ(PHANTOM_COUPE)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

ロールスロイス ファントム・クーペ 2016年2月(平成28年2月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)のファントム・クーペは、2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。搭載エンジンは、6.75L V型12気筒48バルブ、最高出力338kw(460馬力)/5350rpmを発生。8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。今回、価格変更を行った。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 56,040,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2014年10月(平成26年10月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)のファントム・クーペは、2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。搭載エンジンは、6.75L V型12気筒48バルブ、最高出力338kw(460馬力)/5350rpmを発生。8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。今回、価格変更を行った。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 54,900,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)のファントム・クーペは、2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。搭載エンジンは、6.75L V型12気筒48バルブ、最高出力338kw(460馬力)/5350rpmを発生。新設計の8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。シリーズ唯一、専用設計のエンジンコントロールユニットを備え、さらに進化したドライビングエクスペリエンスを提供。燃費は複合モードで10%向上し、その結果、CO2排出量も347g/kmに低減。最先端のアルミニウム製シャシーは、軽量ながらも並外れた強度を備え、乗り心地、操縦性、安全性に大きく寄与、リアヒンジのコーチドアを採用することにより後部座席へのスムーズな乗り降りが可能となった。リアのトランクは、上下分割方のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易なほか、下部のテールゲートを下ろせば、大人2人がゆったりと座れる。特徴的でモダンなフロントエンドは、バンパーのスタイルが変更され、長方形のフロントライト開口部が、フルLEDのライトクラスターを囲み、これによって「アダプティブ・ヘッドライト」の搭載が可能。また、新たな電子プラットフォームを基盤として、新設計のドライバーアシスト技術を追加。AVコンテンツ、衛星ナビゲーションマップ、ドライバー情報は、8.8インチのコントロールセンターディスプレイに表示。フロント、リアおよびトップビューのカメラシステムが、特にスペースの限られた都市環境での走行をサポートし、バックで駐車する際には、自動的に後進経路予測がディスプレイに表示される。左右ハンドルの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 54,350,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2012年3月(平成24年3月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)のファントム・クーペは、2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。搭載エンジンは、6.75L V型12気筒48バルブ、最高出力338kw(460馬力)/5350rpmを発生。今回、改良が行われ、ファントム(Phantom)シリーズIIへと変革を遂げた。新設計の8速オートマチック・ギアボックスとリアディフレンシャルがV型12気筒エンジンの強力なパワーを補完。シリーズ唯一、専用設計のエンジンコントロールユニットを備え、さらに進化したドライビングエクスペリエンスを提供。燃費は複合モードで10%向上し、その結果、CO2排出量も347g/kmに低減。最先端のアルミニウム製シャシーは、軽量ながらも並外れた強度を備え、乗り心地、操縦性、安全性に大きく寄与、リアヒンジのコーチドアを採用することにより後部座席へのスムーズな乗り降りが可能となった。リアのトランクは、上下分割方のテールゲートを採用しており、荷物の出し入れが容易なほか、下部のテールゲートを下ろせば、大人2人がゆったりと座れる。特徴的でモダンなフロントエンドは、バンパーのスタイルが変更され、長方形のフロントライト開口部が、フルLEDのライトクラスターを囲み、これによって「アダプティブ・ヘッドライト」の搭載が可能。また、新たな電子プラットフォームを基盤として、新設計のドライバーアシスト技術を追加。AVコンテンツ、衛星ナビゲーションマップ、ドライバー情報は、8.8インチのコントロールセンターディスプレイに表示。フロント、リアおよびトップビューのカメラシステムが、特にスペースの限られた都市環境での走行をサポートし、バックで駐車する際には、自動的に後進経路予測がディスプレイに表示される。左右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ---- 6749cc 2 8AT FR 4名 ----km/l 52,800,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2010年7月(平成22年7月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)のファントム・クーペは、2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。6.75L V型12気筒48バルブのエンジンは、最高出力460馬力、電子制御6速ATと組み合わせる。今回、価格改定と一部仕様変更を行い、内装色をファントムシリーズで共通とした。カラーバリエーションは、全12色で「クレームライト」、「モカシン」、「ダークスパイス」、「コンソートレッド」などがラインナップされている。それぞれの内装色は、単色レザーとなる「モノインテリア」と、2色レザーの組み合わせになる「コントラストインテリア」の2パターンを用意した。さらに、オプション以外で様々なオーダーが可能になる「ビスポークプログラム」を採用。このプログラムにより、ボディカラーは最大4万4000パターンの中からカスタムオーダーできる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-3C68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 51,870,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2009年6月(平成21年6月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)の新型ファントム・クーペは、2003年に発表された、新生ロールス・ロイス・モーター・カーズのフラッグシップモデルである4ドアサルーン「ロールス・ロイス ファントム」、2005年に発表されたファントムのロングホイールベースモデル「ファントム エクステンディットホイールベース」、そして2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。6.75L V型12気筒48バルブのエンジンは、最高出力453馬力、電子制御6速ATと組み合わせる。最先端のアルミニウム製スペースフレームは、軽量ながらも並外れた強度と高いねじれ剛性を備え、操縦性や快適性だけでなく、安全面にも大きく寄与する。また、リアヒンジのコーチドアを採用しAピラーの継ぎ目をなくしたことで、ファントム・クーペはこれまでのロールス・ロイスのモデルの中でもっとも高い剛性を誇る。インテリアでは、天井に埋め込まれた1600本の細かな光ファイバーが満天の星空のような光を放つ「スターライト・ヘッドライナー」のオプションオーダーも可能。今回、価格が見直された。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-3C68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 48,500,000

ロールスロイス ファントム・クーペ 2008年7月(平成20年7月) 発売モデル

ロールスロイス ファントム・クーペ

ロールス・ロイス(Rolls-Royce)の新型ファントム・クーペは、2003年に発表された、新生ロールス・ロイス・モーター・カーズのフラッグシップモデルである4ドアサルーン「ロールス・ロイス ファントム」、2005年に発表されたファントムのロングホイールベースモデル「ファントム エクステンディットホイールベース」、そして2007年に発表されたコンバーチブル「ファントム・ドロップヘッドクーペ」に続くファントム・シリーズ第4のモデル。ロールス・ロイス伝統のデザイン要素を継承しながらも現代的でダイナミックなスタイリングと、精緻なエンジニアリングがもたらす高い操縦性を備えたこのクーペは、最もドライバー志向の強いモデルとなる。6.75L V型12気筒48バルブのエンジンは、最高出力453馬力、電子制御6速ATと組み合わせる。最先端のアルミニウム製スペースフレームは、軽量ながらも並外れた強度と高いねじれ剛性を備え、操縦性や快適性だけでなく、安全面にも大きく寄与する。また、リアヒンジのコーチドアを採用しAピラーの継ぎ目をなくしたことで、ファントム・クーペはこれまでのロールス・ロイスのモデルの中でもっとも高い剛性を誇る。インテリアでは、天井に埋め込まれた1600本の細かな光ファイバーが満天の星空のような光を放つ「スターライト・ヘッドライナー」のオプションオーダーも可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-3C68 6749cc 2 6AT FR 4名 ----km/l 49,980,000

ロールスロイス ファントム・クーペの車種カタログ情報ならGooWORLD