ロータス エキシージ(EXIGE)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

ロータスの新車ディーラーを探す

ロータス エキシージ 2017年6月(平成29年6月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは、3.5L V6 スーパーチャージャーエンジンを搭載の「スポーツ350」、「スポーツ350ロードスター」、「S」、「Sロードスター」を設定。今回、新たにチューニングされたサスペンションとホイールのジオメトリーによって、正確無比なステアリングフィールを徹底的に追求。また、3.5L DOHC 6気筒VVT‐I エンジン+ハロップ社製スーパーチャージャーを搭載した「エキシージスポーツ380」、「エキシージスポーツ380ロードスター」を追加。エンジンは、25馬力ものパワーアップし、瞬発力は凄まじく、わずか3.7秒で100km/hまで加速し、一気にトップスピードの286km/hに達する。さらに、ロータス最新最速のスーパーカーとなる限定車「カップ380」を設定(限定60台)。速度性能は開発過程で最高レベルにまで磨き上げられ、風洞を繰り返しながら開発された新たな空力パーツの採用によって、公道走行にも対応できるこのエキシージ「カップ380」は282km/hの最高速度を実現し、最大200kgのダウンフォースを発生。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
スポーツ350
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000
スポーツ350ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000
スポーツ350
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600
スポーツ350ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600
スポーツ380
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,232,000
スポーツ380ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,232,000
スポーツ380
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,739,600
スポーツ380ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,739,600
カップ380
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 13,662,000

ロータス エキシージ 2016年11月(平成28年11月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは、3.5L V6 スーパーチャージャーエンジンを搭載の「スポーツ350」、「スポーツ350ロードスター」を設定。今回、「S」、「S CR」、「Sロードスター」を設定。「S」、「S CR」は、258kw(350馬力)のスーパーチャージャーV6エンジンは、わずか4秒で0〜100kmにまでパワフルに加速。新しいエアロダイナミクスパッケージなど、サーキットを彷彿させるディテールや、レーサー仕立てのステアリングホイール、軽量スポーツシートも、「S」の優れた能力をさらに高めている。「Sロードスター」は、車両重量は「S」より10kg軽量の1,170kg。メーカー装着の軽量ソフトトップが、走り出した瞬間からオープンカーを駆る歓びを約束する。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,800,000
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,800,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,307,600
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,307,600
S CR
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000
S CR
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600

ロータス エキシージ 2016年8月(平成28年8月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。今回、「スポーツ350」、「スポーツ350ロードスター」を設定。3.5L V6 スーパーチャージャーエンジンを搭載。最高出力は、350馬力で最大トルクは400Nm/4500rpmを発揮。ロータスの軽量押出アルミシャシー構造と、力強く、空気力学的効率の高いコンポジットボディが採用されている。以前のエキシージ「S」よりも51kgもの軽量化に成功。また、改良されたサスペンションのチューニングとホイールのジオメトリーが車体の比類なきダイナミクスと正確無比なステアリングを実現。軽量化したボディにこのパワーとトルクを搭載した「スポーツ350」は、わずか3.9秒で100km/hまで到達可能であり、トップスピードは時速274km/hを誇る。新しいトリムパックのタータンインテリアは、レッドまたはイエローの軽量スポーツシートやドアパネルで、キャビンに伝統的な風を吹きこむ。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
スポーツ350
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000
スポーツ350ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000
スポーツ350
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600
スポーツ350ロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600

ロータス エキシージ 2015年11月(平成27年11月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」、「S CR」(S クラブレーサー)、「Sロードスター」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。トランスミッションは、6速MTと6速ATを組み合わせる。6速MTは、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。6速ATは、オートマチック車の利便性と、マニュアル車のパドルシフトを備え、滑らかで直感的なギアシフトと、優れたエンジンレスポンスにエキゾーストノートを組み合わせにより、エキシージ独自のスポーツ性能を損なうことなく、ドライバーにオールラウンドなカーライフと興奮を提供。今回、「S」、「Sロードスター」のカラー変更を行った。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,936,000
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,098,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,443,600
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,605,600

ロータス エキシージ 2015年9月(平成27年9月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」、「S CR」(S クラブレーサー)、「Sロードスター」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。トランスミッションは、6速MTと6速ATを組み合わせる。6速MTは、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。6速ATは、オートマチック車の利便性と、マニュアル車のパドルシフトを備え、滑らかで直感的なギアシフトと、優れたエンジンレスポンスにエキゾーストノートを組み合わせにより、エキシージ独自のスポーツ性能を損なうことなく、ドライバーにオールラウンドなカーライフと興奮を提供。今回、「S CR」(S クラブレーサー)以外の価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,936,000
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,098,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,443,600
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,605,600

ロータス エキシージ 2015年7月(平成27年7月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」、「Sロードスター」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。トランスミッションは、6速MTと6速ATを組み合わせる。6速MTは、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。6速ATは、オートマチック車の利便性と、マニュアル車のパドルシフトを備え、滑らかで直感的なギアシフトと、優れたエンジンレスポンスにエキゾーストノートを組み合わせにより、エキシージ独自のスポーツ性能を損なうことなく、ドライバーにオールラウンドなカーライフと興奮を提供。今回、クラブレーサーの洗練されたスピリットを採用することにより、スポーツカーとしてトップレベルの最も刺激的な「S CR」(S クラブレーサー)を追加設定。クラブレーサーのコンセプトは、ファンキーな色遣いと、革新的な素材の使い方、さらに高まったドライビングダイナミクスとパフォーマンス。レースパック・オプションが標準装備となり、ロータスDPMスイッチにより、ツーリング、スポーツ、レース、DPMオフの4つのドライビングモードに切り替えが可能。また、レースモードを選択すれば、ローンチコントロール(MT車のみ)を使用することができ、最適なサスペンションセッティングにより、コーナーでのトラクションの安定性を最大限に高めることができる。エクステリアは、フロントスプリッター、リアウィング、フロントアクセスパネル、ルーフパネル、ウィングミラー、リアトランサムにはマットブラックを採用、シート、サイドウイングパネルには「クラブレーサー」のデカールが施される。インテリアには、軽量スポーツシート、ボディ同色シートベルトフープなどを装備。「S CR」(S クラブレーサー)のボディカラーは、「メタリックホワイト」、「エキシージオレンジ」、「メタリックイエロー」の3色を用意。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S CR
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,800,000
S CR
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,307,600

ロータス エキシージ 2015年5月(平成27年5月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」、「Sロードスター」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。トランスミッションは、6速MTと6速ATを組み合わせる。6速MTは、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。6速ATは、オートマチック車の利便性と、マニュアル車のパドルシフトを備え、滑らかで直感的なギアシフトと、優れたエンジンレスポンスにエキゾーストノートを組み合わせにより、エキシージ独自のスポーツ性能を損なうことなく、ドライバーにオールラウンドなカーライフと興奮を提供。今回、カラー変更を行った。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,558,000
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,065,600
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600

ロータス エキシージ 2015年2月(平成27年2月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」、「Sロードスター」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。6速MTを組み合わせ、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。今回、「S」、「Sロードスター」へAT車を追加した。オートマチック車の利便性と、マニュアル車のパドルシフトを備え、滑らかで直感的なギアシフトと、優れたエンジンレスポンスにエキゾーストノートを組み合わせにより、エキシージ独自のスポーツ性能を損なうことなく、ドライバーにオールラウンドなカーライフと興奮を提供。オートマチック・コントロールパネルは、コクピットのセンターコンソールに「P」、「R」、「N」、「D」のボタンとして整然と納まり、鍛造アルミニウムのマニュアルパドルシフトがハンドルのクロススポークの奥に位置している。シフトアップはわずか0.24秒しかかからず、スロットルブリップを伴った素早いシフトダウンが可能となる(スポーツモード時)。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,065,600
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,227,600

ロータス エキシージ 2014年9月(平成26年9月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」を設定。3.5L DOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。6速MTを組み合わせ、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの3つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。今回、新たにロータス史上最速のコンバーチブル「Sロードスター」を設定するとともに、価格改定を行った。「Sロードスター」は、クーペタイプと同じく3.5L V6エンジンを搭載し、車両重量は「S」より10kg軽量の1,170kg。メカニカルな性能は、静止状態からの100km/h加速が4.0秒、最高出力350馬力/7,000rpm、最大トルク400Nm/4,500rpmとクーペに匹敵する性能を誇る。なめらかなボディに沿ったエアフローを最大化するために、リアウィングとフロントスプリッターを取り払った控えめなスタイリングに仕上がった。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,558,000
Sロードスター
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,720,000

ロータス エキシージ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。ラインアップは「S」を設定。350馬力、400Nmを発生するDOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。6速MTを組み合わせ、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの三つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、3つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。エクステリアは、トータル・エアロダイナミック・パッケージを装着。車両前部の安定性を高め、高速走行でダウンフォースを生み出すフロントスプリッターやリアスポイラーによって、力強さと空力特性が加わった。インテリアは、従来のモデルをベースにしながら、スタンダード仕様のほかに、プレミアムとプレミアムスポーツという2種類のハイグレードオプションを用意。スタンダードインテリアには、クロス・センター・コンソール、ベース・ステアリング・ホイール、4スピーカー付きCD/MP3/WMAレシーバーなどを採用。また、優れた高速走行性能を発揮するPirelli P Zero Trofeoタイヤパッケージを用意。ボディカラーは、「アーデントレッド」を含む全16色を用意。右ハンドルのみの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,742,800

ロータス エキシージ 2013年7月(平成25年7月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つスポーツレースカー、ロータス「エキシージ(EXIGE)」。今回フルモデルチェンジを行い、ラインアップは「S」を設定。350馬力、400Nmを発生するDOHC6気筒VVT-I+スーパーチャージャーエンジンを搭載。Eaton TVS技術を採用するHarrop製スーパーチャージャーは、回転数に関わらずコンスタントな出力を可能にするとともに、CO2排出量の大幅削減と優れた燃費を実現。6速MTを組み合わせ、3速から6速のギア比が接近していることから、よりスポーティな体験を提供し、DPM(ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント)スイッチにより、ドライバーはツーリング、スポーツ、DPMオフの三つのドライビングモードに切り替えることが出来る。そして、三つのダイナミックセッティングで満足できない場合は、追加のレースパックオプションにより、第4のドライビングモードセッティング、「レース」も使用可能。エクステリアは、トータル・エアロダイナミック・パッケージを装着。車両前部の安定性を高め、高速走行でダウンフォースを生み出すフロントスプリッターやリアスポイラーによって、力強さと空力特性が加わった。インテリアは、従来のモデルをベースにしながら、スタンダード仕様のほかに、プレミアムとプレミアムスポーツという2種類のハイグレードオプションを用意。スタンダードインテリアには、クロス・センター・コンソール、ベース・ステアリング・ホイール、4スピーカー付きCD/MP3/WMAレシーバーなどを採用。また、優れた高速走行性能を発揮するPirelli P Zero Trofeoタイヤパッケージを新たに用意。ボディカラーは、「アーデントレッド」を含む全16色を用意。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,500,000

ロータス エキシージ 2010年9月(平成22年9月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つ、スポーツレースカーとするロータス「EXIGE(エキシージ)」。トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 16バルブVVTL-i 直列4気筒DOHCスーパーチャージャーを装着し、最高出力220馬力、最大トルク21.4kg/m の「Exige S」。最高出力243馬力の「Exige S PP」と、最高出力260馬力「Exige CUP260(エクシージカップ260)」をラインアップ。6速マニュアルギアボックスと組み合わされる。デュアルエアバック、フェイスレベルベンチレーション付エアコン、集中ドアロック、パワーウインドウ、イモビライザー、オーディオキット(アルパイン製CD/MP3/WMAレシーバー)を標準装備。今回、「Exige S」もVVTL-iを採用し、レザーステアリングを標準装備とした。レースやサーキットはもちろん、公道でも走行できる。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 7,300,000
S PP
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,045,500

ロータス エキシージ 2010年4月(平成22年4月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つ、スポーツレースカーとするロータスEXIGE(エキシージ)。Exige Sは、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVT-iエンジンに、空冷式インタークーラールーツ式スーパーチャージャーを装着し、最大出力221馬力、最大トルク22kg/mを発生。「Exige S PP」は、VVLT-i化したユニットで、243馬力/23.5kg/mを発揮する。6速マニュアルギアボックスと組み合わされる。デュアルエアバック、フェイスレベルベンチレーション付エアコン、集中ドアロック、パワーウインドウ、イモビライザー、オーディオキット(Alpine CD/MP3/WMAレシーバー)を標準装備。今回、エクシージSに採用されたのと同様の設計とエアロダイナミクスの変更が施された2010年モデル「Exige CUP260(エキシージカップ260)」を設定。カーボン素材を多用し、総重量は890kg。空力性能も向上させ、100km/hまで4.1秒で加速する。1795ccの直列4気筒スーパーチャージャーエンジンは最高出力260馬力。スペック、ハンドリングを向上させ、レースやサーキットはもちろん、公道でも走行できる。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
カップ260
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,880,000

ロータス エキシージ 2008年11月(平成20年11月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つ、スポーツレースカーとするロータスEXIGE(エキシージ)。Exige Sは、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVT-iエンジンに、空冷式インタークーラールーツ式スーパーチャージャーを装着し、最大出力221馬力、最大トルク22kg/mを発生。「Exige S PP」は、VVLT-i化したユニットで、243馬力/23.5kg/mを発揮する。6速マニュアルギアボックスと組み合わされる。デュアルエアバック、フェイスレベルベンチレーション付エアコン、集中ドアロック、パワーウインドウ、イモビライザー、オーディオキット(Alpine CD/MP3/WMAレシーバー)を標準装備。今回、従来モデル(エクシージカップ255)より38kg軽量となる890kgのボディに、260ps/8000rpmの最高出力、236Nm/6000rpmの最大トルクを発揮する4気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載した「Exige CUP260(エクシージカップ260)」を追加。ルーフパネルのカーボン化を始めとするカーボンファイバー素材の多用と、軽量アルミホイールや軽量バッテリーの採用、さらに排出ガスも削減した。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
カップ260
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,490,000

ロータス エキシージ 2008年1月(平成20年1月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つ、スポーツレースカーとするロータスEXIGE(エキシージ)。Exige Sには、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVT-iエンジンに、空冷式インタークーラールーツ式スーパーチャージャーを装着し、最大出力221馬力、最大トルク22kg/mを発生。新ラインアップされた「Exige S PP」は、VVLT-i化したユニットで、243馬力/23.5kg/mを発揮する。6速マニュアルギアボックスと組み合わされる。デュアルエアバック、フェイスレベルベンチレーション付エアコン、集中ドアロック、パワーウインドウ、イモビライザー、オーディオキット(Alpine CD/MP3/WMAレシーバー)を標準装備。Exige Sに対して、フロント4ポットキャリパー&強化ブレーキパッド、大口径ルーフエアスクープ、ブラッククロスシート&クロスインテリアなどを追加装備する。フロント補助ドライビングランプやレザーインテリアトリム、防音仕様を備えた「ツーリングパック」、クロススポーツシートやクロスバー&ロールバー、トラクションコントロールなどを備えた「スポーツパック」も装着可能とする。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S PP
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,045,500

ロータス エキシージ 2007年9月(平成19年9月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドシップレイアウトのエンジンを持つ、スポーツレースカーとするロータスEXIGE(エキシージ)。2000年および2001年に、全ヨーロッパで販売され成功を収めたレースカー、ロータス・スポーツエリーゼをベースにして生まれ、いくつかの世界市場向けに、少量が手作りで生産された。EXIGE Sには、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVT-iエンジンに、空冷式インタークーラールーツ式スーパーチャージャーを装着し、最大出力221馬力、最大トルク22kg/mを発生する。6速マニュアルギアボックスと組み合わされる。ヨコハマタイヤ社と協同開発のアドバンネオバに、前後異サイズのフロント16インチ、リア17インチホイールを装着。レーシングチューンされたABSシステムが必要時に補助、サーボアシスト式4チャンネルシステムがブレーキ制動力を個別に監視しながら、各ホイールに配分する。デュアルエアバック、フェイスレベルベンチレーション付エアコン、集中ドアロック、パワーウインドウ、イモビライザー、オーディオキット(Alpine CD/MP3/WMAレシーバー)を標準装備。フロント補助ドライビングランプやレザーインテリアトリム、防音仕様を備えた「ツーリングパック」、クロススポーツシートやクロスバー&ロールバー、トラクションコントロールなどを備えた「スポーツパック」も装着可能とする。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 7,300,000

ロータス エキシージ 2007年5月(平成19年5月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドエンジン・スポーツレースカーとして、エンジンがコックピットの後方、リア駆動ホイールの前方に配置されているロータスエキシージ(EXIGE)。6速ギアボックスに連結された、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVTL-I(連続可変バルブタイミング機構)を搭載する。6800rpmで最大トルク18.5kgmを、7800rpmで最大出力192馬力を発生する。前後異サイズの、ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着。レーシングチューンされたABSシステムが必要時に補助、サーボアシスト式4チャンネルシステムがブレーキ制動力を個別に監視しながら、各ホイールに配分する。軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを採用。ボディパネルは、すべて頑丈かつ軽量のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られている。インストルメントパネルには、配置されている赤色の表示LEDが点灯し、ギアチェンジの最適なポイントをドライバーに知らせる。ツーリングパックとして、パワーウィンドウ、軽量アルミ製助手席フットレスト付きフルカーペットセット、フルアルカンタラトリム、サンバイザー、室内積載ネットを装着可能。今回、為替相場の変動(円安・ポンド高)を受け、価格の見直しが行われた。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GH-1117 1795cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 6,467,500

ロータス エキシージ 2004年12月(平成16年12月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドエンジン・スポーツレースカーとして、エンジンがコックピットの後方、リア駆動ホイールの前方に配置されているロータスエキシージ。6速ギアボックスに連結された、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVTL-I(連続可変バルブタイミング機構)を搭載する。6800rpmで最大トルク18.5kgmを、7800rpmで最大出力192馬力を発生する。前後異サイズの、ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着。軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを採用。ボディパネルは、すべて頑丈かつ軽量のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られている。今回ポンド高の影響で、価格改定がなされた。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 1796cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 6,279,000
パフォーマンス
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GH-1117 1796cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 6,751,500

ロータス エキシージ 2004年5月(平成16年5月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ミッドエンジン・スポーツクーペとして、エンジンがコックピットの後方、リア駆動ホイールの前方に配置されているロータスエキシージ。6速ギアボックスに連結された、トヨタ社製2ZZ-GE 1.8L 4気筒16バルブVVTL-I(連続可変バルブタイミング機構)を搭載する。6800rpmで最大トルク18.5kgmを、7800rpmで最大出力192馬力を発生する。ヨコハマタイヤ社と協同開発のソフトコンパウンドタイヤに、ユニークな8スポーク軽量ブラックホイール(フロント16インチ、リア17インチ)を装着。軽量スチール製リアサブフレーム付きの革新的な軽量押出複合アルミニウムタブをベースに、硬めのロータス・スポーツスプリングとダンパーを採用。ボディパネルは、すべて頑丈かつ軽量のGRC(ガラス繊維強化複合材)で作られている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GH-1117 1796cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 6,037,500

ロータス エキシージ 2001年1月(平成13年1月) 発売モデル

ロータス エキシージ

ロータスのライトウェイトスポーツ「エリーゼ」をベースに、ワンメークレース用のチューンが施されたモデルがスポーツ エリーゼ。このレーサーを、さらにロードゴーイング仕様としたのが、軽量ファイバーグラスの補強合成ボディワークがなされるExige(エキシージ)だ。フレームはもちろん、アルミ押出し材を使用し航空技術を取り入れた接着式。フレーム重量はわずか67kg。この効果なども手伝って、クローズドボディでありながらも、車輌重量をわずか725kgに押さえている。ミッドに搭載されるエンジンは、MGFと同じMGローバーの18Kユニット。ロータスチューンによる1.8L直4DOHC16バルブエンジンは、178bhp/7800rpm・17.4kgm/6750rpmのパワーとトルクを発生する。サスペンションはフロント/リアともにダブルウイッシュボーン。ダンパーはコニ製で、フロントにはスタビライザーを装着。フロント/リヤともにベンチレーテッド式のディスクブレーキには、フロント/APレーシング製・リヤ/ブレンボ製のキャリパーが組み合わされている。トランスミッションは5MTのみ。グレードはベースグレードのみの設定となる。パワーアシストのないラック&ピニオンハンドル位置は、右のみが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GF-111 1796cc 2 5MT ミッドシップ 2名 ----km/l 6,800,000

ロータス エキシージの車種カタログ情報ならGooWORLD