ロータス エヴォーラ(EVORA)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

ロータスの新車ディーラーを探す

ロータス エヴォーラ 2017年8月(平成29年8月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。ラインアップは、純粋でかつ究極のパフォーマンスにフォーカスした「400」、2シーターのみの設定となる、エスプリスポーツ300をはじめとする歴代の名車の精神を受け継ぐ「スポーツ410」を設定。トランスミッションは、6速MTと6速ATを設定。今回、限定車「GT430」を設定(世界60台限定)。美しさと機能性を見事に融合させ、ハンドメイドのカーボンファイバー製コンポーネントを多用することで、かつてないレベルのエンジニアリングとデザインを実現。インタークーラーを備える新開発の3.5L V6スーパーチャージャーエンジンが最高出力436馬力を発揮し、ダウンフォースも大幅に向上。新設計のボディパネルでは、フロントとリアの各所に炭素繊維の織目を露出したカーボンファイバーを使用。先進のエアロダイナミクスにより、「GT430」は最大250kgのダウンフォースを生み出す。「ドライブ」、「スポーツ」、「レース」、「オフ」という4つのダイナミック・ドライブ・モードが用意されており、選択したモードに応じて、システムが介入するまで、ドライバー自らが車両をきめ細かく制御できる。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT430 ---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 19,440,000

ロータス エヴォーラ 2017年6月(平成29年6月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。ラインアップは、純粋でかつ究極のパフォーマンスにフォーカスした「400」を設定。ミッドシップに搭載されるインタークーラー付3.5L V6スーパーチャージャーエンジンは最大出力406馬力(298kw)、最大トルク410Nm(41.8kgm)を発揮。トランスミッションは、6速MTと6速ATを設定。今回、圧倒的な軽さ、さらに強化されたパワー、飛躍的に向上した空力性能が加わり、エスプリスポーツ300をはじめとする歴代の名車の精神を受け継ぐ「スポーツ410」を追加。2シーターのみの設定で、トランスミッションは6速MTと6速ATを用意。エヴォーラの優れたエアロダイナミックスを更にチューニングすることによって、最高レベルのハンドリング性能と高速安定性を実現。ハイパフォーマンスを約束するホイールとタイヤ、ボディ全体を包むカーボンファイバーコンポーネントを採用することで、よりシンプルに、より軽くコーリン・チャップマンの理念「LESS MASS MEANS LOTUS」として体現した。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
400 ---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 12,582,000
400 ---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 13,089,600
スポーツ410 ---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 13,446,000
スポーツ410 ---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 13,953,600

ロータス エヴォーラ 2016年8月(平成28年8月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。ラインアップは、純粋でかつ究極のパフォーマンスにフォーカスした「400」を設定。ミッドシップに搭載されるインタークーラー付3.5L V6スーパーチャージャーエンジンは最大出力406馬力(298kw)、最大トルク410Nm(41.8kgm)を発揮。トランスミッションは、6速MTと6速ATを設定。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
400 ---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 12,582,000
400 ---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 13,089,600

ロータス エヴォーラ 2015年11月(平成27年11月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。今回、純粋でかつ究極のパフォーマンスにフォーカスした「400」を設定。ミッドシップに搭載されるインタークーラー付3.5L V6スーパーチャージャーエンジンは最大出力406馬力(298kw)、最大トルク410Nm(40.2kgm)を発揮。新しいアルミ構造のシャシーには新たなインテリアが組み込まれ、軽量化したコンポジットボディはフロントとリアを大幅に変更。トランスミッションは、6速MTと6速ATを設定。エクステリアは、全体的な効果として、より車高が低く、ワイドで、路面にぴったりと貼りついたような印象を与える、さらにアグレッシブな風貌の車が生まれた。全長は27mm長くなり、4385mmとなった。アプローチアングルは、11.5度から10度へ低減、エアロダイナック・ダウンフォースが良くなった。インテリアは、軽量化と高品質に配慮しつつ、エレガントにかつ機能的にデザインされた。新しいフロントシートはすべて軽くなりドライバーと助手席の同乗者を快適にサポート。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
400 ---- 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 13,554,000
400 ---- 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 14,061,600

ロータス エヴォーラ 2014年9月(平成26年9月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。キャビン後方にエンジンを積みながら、4380mm×1850mmのコンパクトボディで4人乗り「2+2シーター」を実現(2シーター仕様車も用意)。排気量3.5L V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)をミッドシップマウントする。ラインアップには、6速MT「S 2シーター」、「S 2+2」、6速AT(IPS)「S IPS 2シーター」、「S IPS 2+2」を設定。また、よりスポーティーに、そしてレーシーに仕立てた6速MT「S スポーツレーサー 2+2」、6速AT(IPS)「S スポーツレーサー IPS 2+2」を用意。今回、価格改定を行った。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S 2シーター ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,908,000
S 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,908,000
S IPS 2シーター ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 11,415,600
S IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 11,415,600
S スポーツレーサー 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 11,556,000
S スポーツレーサー IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 12,063,600

ロータス エヴォーラ 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。キャビン後方にエンジンを積みながら、4380mm×1850mmのコンパクトボディで4人乗り「2+2シーター」を実現(2シーター仕様車も用意)。排気量3.5L V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)をミッドシップマウントする。ラインアップには、「S 2シーター」、「S 2+2」を設定。また、「S 2シーター」、「S 2+2」のIPS(AT)を設定。よりスポーティーに、そしてレーシーに仕立てた新しいエヴォーラ「S スポーツレーサー 2+2」(MT)、「S スポーツレーサー IPS 2+2」(AT)を追加設定。エクステリアには、他車と一線を画すため、光沢のある黒のユニークなコントラストのアクセントが、ルーフ、フロントスプリッター、リアディフューザー、サイドシルのいたるところに施され、エヴォーラのアグレッシブなスタンスと滑らかなシルエットを強調。黒のエレメントとしてはさらに、黒のリアバッジ、黒のドアミラーポッド、グロスブラックの鍛造ホイールに赤のブレーキキャリパー、これらすべてが相まって、「スポーツレーサー」にさらにドラマチックで明晰な外観を与えている。インテリアには、赤のコントラストのパイピングとステッチで整えられたブラックレザーのプレミアム・スポーツシート、または黒のコントラストのパイピングとステッチで整えられたべノムレッドのプレミアム・スポーツシートから選択が可能。さらに、スポーツモード切替スイッチ、アルパイン製モバイルメディアステーション40GB HDDナビゲーションシステム等の、ロータスが誇る究極のオプションがすべて標準装備となる。右ハンドルのみの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S 2シーター ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,360,000
S 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 9,771,400
S IPS 2シーター ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,822,800
S IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,234,200
S スポーツレーサー 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,851,400
S スポーツレーサー IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 11,314,200

ロータス エヴォーラ 2014年1月(平成26年1月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー「エヴォーラ(Evora)」。キャビン後方にエンジンを積みながら、4380mm×1850mmのコンパクトボディで4人乗り「2+2シーター」を実現(2シーター仕様車も用意)。排気量3.5L V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)をミッドシップマウントする。ラインアップには、「S 2シーター」、「S 2+2」を設定。今回、「S 2シーター」、「S 2+2」のIPS(AT)を設定し、日本に輸入される全てのエヴォーラが、スーパーチャージャーエンジンモデルとなり、価格改定を行った。また、よりスポーティーに、そしてレーシーに仕立てた新しいエヴォーラ「S スポーツレーサー 2+2」(MT)、「S スポーツレーサー IPS 2+2」(AT)を追加設定。エクステリアには、他車と一線を画すため、光沢のある黒のユニークなコントラストのアクセントが、ルーフ、フロントスプリッター、リアディフューザー、サイドシルのいたるところに施され、エヴォーラのアグレッシブなスタンスと滑らかなシルエットを強調。黒のエレメントとしてはさらに、黒のリアバッジ、黒のドアミラーポッド、グロスブラックの鍛造ホイールに赤のブレーキキャリパー、これらすべてが相まって、「スポーツレーサー」にさらにドラマチックで明晰な外観を与えている。インテリアには、赤のコントラストのパイピングとステッチで整えられたブラックレザーのプレミアム・スポーツシート、または黒のコントラストのパイピングとステッチで整えられたべノムレッドのプレミアム・スポーツシートから選択が可能。さらに、スポーツモード切替スイッチ、アルパイン製モバイルメディアステーション40GB HDDナビゲーションシステム等の、ロータスが誇る究極のオプションがすべて標準装備となる。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
S 2シーター ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,100,000
S 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 9,500,000
S IPS 2シーター ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 9,550,000
S IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 9,950,000
S スポーツレーサー 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,550,000
S スポーツレーサー IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 11,000,000

ロータス エヴォーラ 2011年6月(平成23年6月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー、エヴォーラ(Evora)。排気量3.5L V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)をミッドシップマウントし、最高出力280/PS、最高速度はおよそ261km/hを発揮する。キャビン後方にエンジンを積みながら、4370mm×1850mmのコンパクトボディで4人乗り「2+2シーター」を実現(「2シーター」仕様車も用意)。ロータス製オールアルミモノコックシャーシに、オールグラスファイバーボディ(FRP素材)。単筒式ビルシュタイン製ダンパー&アイバッハ製スプリングを採用した鍛造アルミ製ダブルウィッシュボーンと、前後異サイズタイヤ(ピレリP-ZERO)の18/19インチホイールを装着する。インテリアには、レカロ製ブラックレザーシートに、アルパイン製CD/MP3/WMAオーディオ、チルト&テレスコピックステアリングを標準装備とし、6速マニュアルを設定した。今回、「エヴォーラ IPS(Evora ips)」、「エヴォーラ S(Evora s)」を追加設定した。「エヴォーラ IPS(Evora ips)」は、ロータスが自社開発したパドルシフト付きの6速ATを搭載。V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)を搭載し、「エヴォーラ S(Evora s)」にはイートン製のスーパーチャージャーが組み合わされた。それにより最高出力は350ps/7000rpm。最大トルク40.8kgm/4500rpmとする。「エヴォーラ IPS(Evora ips)」にはエヴォーラのスポーツパックの一部として搭載されているスポーツボタンを装備、スポーツボタンを押すとギアが、高めのエンジン回転数でシフト出来る。「エヴォーラ S(Evora s)」には、スポーツモードの切り替えスイッチやベンチレーテッド・クロスドリルド・ブレーキディスク、ブラックペイントブレーキキャリパー、オイルクーラーなどの「スポーツパック」を標準装備。右ハンドルのみの設定となる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
IPS 2シーター ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,955,000
IPS 2+2 ABA-122 3456cc 2 6AT ミッドシップ 4名 ----km/l 9,375,000
S 2シーター ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 10,205,000
S 2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,625,000

ロータス エヴォーラ 2009年6月(平成21年6月) 発売モデル

ロータス エヴォーラ

ロータスの2+2シーターライトウェイスポーツカー、エヴォーラ(Evora)。排気量3.5L V型6気筒トヨタ製VVT-iエンジン(2GR-FE)をミッドシップマウントし、最高出力280馬力、最高速度はおよそ261km/hを発揮する。キャビン後方にエンジンを積みながら、4370mm×1850mmのコンパクトボディで4人乗り「2+2シーター」を実現(「2シーター」仕様車も用意)。ロータス製オールアルミモノコックシャーシに、オールグラスファイバーボディ(FRP素材)。単筒式ビルシュタイン製ダンパー&アイバッハ製スプリングを採用した鍛造アルミ製ダブルウィッシュボーンと、前後異サイズタイヤ(ピレリP-ZERO)の18/19インチホイールを装着する。インテリアには、レカロ製ブラックレザーシートに、アルパイン製CD/MP3/WMAオーディオ、チルト&テレスコピックステアリングを標準装備とする。6速マニュアル設定。また、発売を記念して特別仕様車「ファースト・リミテッド・エディション」を設定。初期ロットの生産車輌「2+2シーター」をベースに、多数の装備を搭載したプレミアムバージョンで、日本では20台が限定販売される。AV関連をセットにした「テックパック」、レザー内装などをセットにした「プレミアムパック」、ブレーキディスク&キャリパーをはじめとする専用スポーツパーツをセットにした「スポーツパック」、そのほか、バイキセノンヘッドランプなどを装着し、ETCや電動ミラーなどの快適装備も標準とするモデル。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
2シーター ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 2名 ----km/l 8,505,000
2+2 ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 8,925,000
ファースト・リミテッド・エディション ABA-122 3456cc 2 6MT ミッドシップ 4名 ----km/l 10,593,000

ロータス エヴォーラの車種カタログ情報ならGooWORLD