キャデラック ATS−V(CADILLAC_ATSV)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

キャデラックの新車ディーラーを探す

キャデラック ATS−V 2017年1月(平成29年1月) 発売モデル

キャデラック ATS−V

キャデラックのVシリーズ史上最小最軽量スーパー・スポーツセダン「ATS‐V」。エンジンは、V型6気筒DOHC/3K(インタークーラー/ツインターボ付)を搭載。最高出力470馬力(346Kw)/5850rpm、最大トルク603N・m(61.5kg・m)/3,500rpmを誇る3.6L ツインターボ・エンジンの0‐60mph(約96.6km/h)加速は、3.8秒とセグメント最速レベルの加速性を実現し、サーキット走行においても優れたハンドリングを楽しめるクルマになっている。ラインアップは、フロントスプリッター/ロッカーパネル/リアスポイラーを搭載した「スペック‐A」、カーボンファイバーエアロパッケージを搭載した「スペック‐B」を用意。今回、これまでの「Apple CarPlay」に加え「Android Auto」を新たに対応。スマートフォンとの連携機能を格段にアップさせた。左ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
スペック−A ABA-A1SLV 3564cc 4 8AT FR 5名 ----km/l 9,900,000
スペック−B ABA-A1SLV 3564cc 4 8AT FR 5名 ----km/l 10,900,000

キャデラック ATS−V 2016年1月(平成28年1月) 発売モデル

キャデラック ATS−V

キャデラックのVシリーズ史上最小最軽量スーパー・スポーツセダン「ATS‐V」。エンジンは、V型6気筒DOHC/3K(インタークーラー/ツインターボ付)を搭載。最高出力470馬力(346Kw)/5850rpm、最大トルク603N・m(61.5kg・m)/3,500rpmを誇る3.6L ツインターボ・エンジンの0‐60mph(約96.6km/h)加速は、3.8秒とセグメント最速レベルの加速性を実現し、サーキット走行においても優れたハンドリングを楽しめるクルマになっている。ラインアップは、フロントスプリッター/ロッカーパネル/リアスポイラーを搭載した「スペック‐A」、カーボンファイバーエアロパッケージを搭載した「スペック‐B」を用意。北米カー・オブ・ザ・イヤーをはじめ多くの栄誉に輝く「ATS」をベースに、モータースポーツの最新技術とノウハウを結集して生まれた一台となっている。また、「ATS‐V」は、第3世代のマグネティックライドコントロールとパフォーマンス・トラクション・マネジメントを搭載。4つのモード選択可能なドライバーモード・コントロールには、高い安定性とトラクションコントロールをもたらすセグメント随一のサーキットモードを備えている。サーキットにインスピレーションを得た精巧さは、インテリアにも反映され、デザインと主要コンポーネントの関係は、パフォーマンス・ドライビングにおける人間工学を考慮し、デザインされている。エクステリアは、フェイシアからフェンダー、フード、リアスポイラー、ロッカーモールディングに至るまで、ほぼ全てが専用部品。そして、その全てがクルマの性能を向上させるために開発された。左ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
スペック−A ABA-A1SLV 3564cc 4 8AT FR 5名 ----km/l 9,900,000
スペック−B ABA-A1SLV 3564cc 4 8AT FR 5名 ----km/l 10,900,000

キャデラック ATS−Vの車種カタログ情報ならGooWORLD