ベントレー コンチネンタル(CONTINENTAL)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

ベントレーの新車ディーラーを探す

ベントレー コンチネンタル 2015年11月(平成27年11月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレー コンチネンタル・シリーズ(Continental)。6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載したクーペタイプ「GT」、オープンタイプ「GTコンバーチブル」、4L V型8気筒ICツインターボエンジンを搭載の「GT V8」、「GT V8 S」、オープンタイプの「GT V8コンバーチブル」、「GT V8 Sコンバーチブル」コンチネンタルシリーズの中で最もパワフルなモデル「GTスピード」、「GTスピードコンバーチブル」の8タイプをラインアップ。トランスミッションは8ATを用意し、全モデルにフルタイム4WDを設定。「GT」、「GTコンバーチブル」は、最高出力434kw/6,000rpm(590馬力)。「GT V8」、「GTコンバーチブル V8」は、最高出力373Kw/6,000rpm(507馬力)。「GT V8 S」、「GT V8 Sコンバーチブル」は、最高出力389Kw/6,000rpm(528馬力)。「GTスピード」、「GTスピードコンバーチブル」は最高出力467Kw/6,000rpm(635馬力)を発揮。今回、価格変更を行った。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT V8 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 21,500,000
GT V8 S 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,100,000
GT V8コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,700,000
GT V8 Sコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,300,000
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,300,000
GTコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 26,500,000
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 27,000,000
GT スピード コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 29,200,000

ベントレー コンチネンタル 2015年1月(平成27年1月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレー コンチネンタル・シリーズ(Continental)。6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載したクーペタイプ「GT」、オープンタイプ「GTコンバーチブル」、4L V型8気筒ICツインターボエンジンを搭載の「GT V8」、「GT V8 S」、オープンタイプの「GT V8コンバーチブル」、「GT V8 Sコンバーチブル」コンチネンタルシリーズの中で最もパワフルなモデル「GTスピード」、「GTスピードコンバーチブル」の8タイプをラインアップ。トランスミッションは8ATを用意し、全モデルにフルタイム4WDを設定。「GT」、「GTコンバーチブル」は、最高出力423kw/6,100rpm(575馬力)。「GT V8」、「GTコンバーチブル V8」は、最高出力373Kw/6,000rpm (507馬力)。「GT V8 S」、「GT V8 Sコンバーチブル」は、最高出力389Kw/6,000rpm (528馬力)。「GTスピード」、「GTスピードコンバーチブル」は最高出力467Kw/6,000rpm (635馬力)。今回、価格変更を行った。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT V8 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 21,000,000
GT V8 S 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 22,550,000
GT V8コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,150,000
GT V8 Sコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 3992cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,700,000
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,700,000
GTコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,800,000
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 26,400,000
GT スピード コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
---- 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 28,550,000

ベントレー コンチネンタル 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレー コンチネンタル・シリーズ(Continental)。6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載したクーペタイプ「GT」、オープンタイプ「GTコンバーチブル」、4L V型8気筒ICツインターボエンジンを搭載の「GT V8」、オープンタイプの「GTコンバーチブル V8」、コンチネンタルシリーズの中で最もパワフルなモデル「GTスピード」の5タイプをラインアップ。トランスミッションは8AT、6ATを用意し、全モデルにフルタイム4WDを設定。「GT」、「GTコンバーチブル」は、最高出力423kw/6,000rpm(575馬力)。「GT V8」、「GTコンバーチブル V8」は、最高出力373Kw/6,000rpm (507馬力)。「GTスピード」は最高出力460Kw/6,000rpm (625馬力)。全て左右ハンドルが選択可能。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT V8 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 20,468,571
GT V8コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 22,525,714
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCVA 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,040,000
GTコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCVA 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,097,143
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCVA 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,611,429

ベントレー コンチネンタル 2013年6月(平成25年6月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレー コンチネンタル・シリーズ(Continental)。6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載したクーペタイプ「GT」、オープンタイプ「GTコンバーチブル」、4L V型8気筒ICツインターボエンジンを搭載の「GT V8」、オープンタイプの「GTコンバーチブル V8」、コンチネンタルシリーズの中で最もパワフルなモデル「GTスピード」の5タイプをラインアップ。トランスミッションは8AT、6ATを用意し、全モデルにフルタイム4WDを設定。「GT」、「GTコンバーチブル」は、最高出力423kw/6,000rpm(575馬力)。「GT V8」、「GTコンバーチブル V8」は、最高出力373Kw/6,000rpm (507馬力)。「GTスピード」は最高出力460Kw/6,000rpm (625馬力)。今回、価格変更を行なった。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT V8 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 19,900,000
GT V8コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 21,900,000
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCVA 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 22,400,000
GTコンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCVA 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,400,000
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCVA 5998cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,900,000

ベントレー コンチネンタル 2012年2月(平成24年2月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーW型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。クーペタイプの「GT」、「スーパースポーツ(SUPERSPORTS)」、大型4ドアサルーンタイプで、4人乗り、5人乗りのどちらかを選択可能な「フライングスパー スピード(Flying Spur Speed)」をラインアップ。全モデル6L W12ツインターボエンジンに、フルタイム4WDを組み合わされる。今回、オープンタイプの「GTC」、V型8気筒を搭載の「GT V8」、オープンタイプでV型8気筒を搭載の「GTC V8」を新たに設定。新型Bentley V8エンジンから繰り出される最大出力は6000rpmで507PS(373Kw)、さらに1700〜5000rpmにわたる、ほぼすべての回転域で660Nmという驚くべきピークトルクを発揮。また、新設計のクロスレシオ8速オートマチックトランスミッションを採用したことで、0-100km/hの加速時間は5秒を切り、290km/hを超える最高速度を発揮している。車両後部には、クロムの「8の字」型が特徴的なエキゾーストテールパイプと、ダークなロワーバランサー、トランクリッドの赤色のウイングド「B」バッジが装着され、新型V8モデルの個性であるスポーティさと現代的な雰囲気を強調しています。どちらのモデルにも20インチアロイホイールが標準装備されますが、オプションとして、印象的なDiamond Black仕上げ(Continental V8専用)またはDiamond Silver仕上げの21インチ6本スポークホイールを選択可能。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT V8 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 21,660,000
GTC V8 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCMM 4000cc 2 8AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,800,000
GTC 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BGCKH 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 26,400,000

ベントレー コンチネンタル 2012年1月(平成24年1月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーW型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。クーペタイプの「GT」、「スーパースポーツ(SUPERSPORTS)」、大型4ドアサルーンタイプの「フライングスパー スピード(Flying Spur Speed)」をラインアップ。全モデル6L W12ツインターボエンジンに、フルタイム4WDを組み合わされる。今回、「フライングスパー スピード(Flying Spur Speed)」の価格変更を行った。フライングスパー スピードは、4人乗り、5人乗りのどちらかを選択可能。また、軽量、ローフリクションの部品を使い、エンジンマネージメントシステムを導入してチューニングされた出力性能は、最高速度326km/h、0-100km/hへの加速時間4.5秒という、素晴らしい運動性能を発揮している。独自のシャーシチューニングと、専用の20インチ・ワイドホイールに標準装着されたPirelliのSpeed用・ハイパフォーマンスタイヤも、その動力性能に貢献している。さらにダーク調にカラーリングされたフロントグリル、大口径のスポーツテールパイプに代表される繊細なデザインタッチは、Speedが放つスポーティな雰囲気を一層引き立てている。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
フライングスパー スピード 
(セダン)
ABA-BSCKH 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 26,000,000
フライングスパー スピード 
(セダン)
ABA-BSBWR 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 5名 ----km/l 26,000,000

ベントレー コンチネンタル 2010年12月(平成22年12月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーW型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。クーペタイプの「GT」/「GTスピード」、「スーパースポーツ(SUPERSPORTS)」、オープンモデルの「GTCスピード」/「スーパースポーツ コンバーチブル(SUPERSPORTS CONVERTIBLE)」、大型4ドアサルーンタイプの「フライングスパー スピード(Flying Spur Speed)」をラインアップ。全モデル6L W12ツインターボエンジンに、フルタイム4WDを組み合わされる。今回、「コンチネンタルGT」がフルモデルチェンジを実施。ヘッドライトは、往年のベントレー社を髣髴とさせる4灯ライトを継承しつつ、LEDのデイタイムランニングライトを装備し印象を大きく変えている。リアは、ミュルザンヌより取り入れられた、「二重の蹄鉄」をイメージしたトランクリッドをはじめ、テールパイプ大型化などを行っている。またエンジンにも改良が施され、575馬力に出力アップされている。他ラインナップは、従来モデルを継承。全て左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BFCKH 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,150,000

ベントレー コンチネンタル 2010年7月(平成22年7月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーW型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。クーペタイプの「GT」/「GTスピード」、「スーパースポーツ(SUPERSPORTS)」、オープンモデルの「GTC」/「GTCスピード」、全長5310mmの大型4ドアサルーンタイプの「フライングスパー(Flying Spur)」をラインアップし、フルタイム4WDと組み合わされる全モデル6L W12ツインターボエンジンを搭載する。スペックは560ps/66.3kgmを発揮、610ps/76.5kgmのハイパワーを発揮する「GTスピード」(20インチホイール装着)、630ps/81.6kgmを発揮する「スーパースポーツ」。今回、「スーパースポーツ」(2名定員)の動力性能はそのままに、より華麗にオープンエアを堪能できる「スーパースポーツ コンバーチブル(SUPERSPORTS CONVERTIBLE)」を設定。フル4シーターの居住空間、フロントシートにバケットシートを配し、GTカーとしてのラグジュアリーな装備の数々は、コンチネンタルシリーズの美点をそのまま継承。左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
スーパースポーツ コンバーチブル 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BDCKH 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 33,000,000

ベントレー コンチネンタル 2009年9月(平成21年9月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーW型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。V8 OHVを搭載するアルナージ・シリーズに対して、クーペタイプの「GT」、オープンモデルの「GTC」、全長5310mmの大型4ドアサルーンタイプの「フライングスパー(Flying Spur)」をラインアップし、全モデル6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載する。スペックは560ps/66.3kgmを発揮、610ps/76.5kgmのハイパワーを発揮する「GTスピード」(20インチホイール装着)を用意する。今回、新たに「コンチネンタル SUPERSPORTS(スーパースポーツ)」を設定。出力アップした630psユニットを搭載し、シフトタイムを50%カットし、ダブルシフトダウンを可能にする「クイックシフト」システム搭載の改良型トランスミッションを組み合わせる。フレックス燃料技術を実用化し、ガソリンからバイオ燃料までのあらゆる混合割合の燃料で走行可能とする。専用チューニングされた、フロントサスペンションやアンチロールバー、1台あたり10kgの軽減を実現した軽量20インチ10スポークアロイホイールなどにより、走行性能を高めている。そのほか、新たにカーボン・セラミックブレーキが標準装備となる。左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
フライングスパー スピード 
(セダン)
ABA-BSBWR 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 5名 ----km/l 25,500,000
フライングスパー スピード 
(セダン)
ABA-BSBWR 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,500,000
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BCBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 26,000,000
スーパースポーツ 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BCCKH 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 2名 ----km/l 31,500,000

ベントレー コンチネンタル 2009年1月(平成21年1月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

W型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。今回、ラグジュアリー2ドア2+2コンバーチブルモデルのコンチネンタルGTCにマイナーチェンジを実施し、最高出力610hp/6000rpm、最大トルク76.5kgm/1750〜5600rpmの6L W12DOHCツインターボエンジンを搭載したハイパフォーマンスバージョンの「コンチネンタルGTCスピード(Continental GTC Speed)」を新設定した。デザインは、ダーク調エアインテークグリルや高輝クロームのフロントグリル、ワイドな楕円のツインエグゾーストエンド、トランクリッドスポイラーなどの特徴をもつ。また、GTスピードやフライングスパー・スピードと同じく、ZF製6速ATを組み合わせ、駆動方式は4WDとしている。サスペンションは、フロントが10mm、リアは15mmローダウンされたほか、ショックアブソーバーやスタビライザーを最適化し、高速域における快適性を向上した。左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GTC 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BDBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,000,000
GTC スピード 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BDBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 28,000,000

ベントレー コンチネンタル 2008年10月(平成20年10月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレー(BENTLEY)の4ドア・ラグジュアリーサルーンは、最高出力560psの6L W12ツインターボエンジンを積むコンチネンタル「フライングスパー」と、よりパワフルな最高出力610psのコンチネンタル「フライングスパー・スピード(Flying Spur Speed)」を追加。独自のエクステリアデザインは、まずフロントグリル。フライングスパーのブライトクロムに対してダークティントクロムに仕上げ、バンパー下部のエアインテーク中央部分をワイドな形状に変更。リアデザインも見直し、サイドモールディングを車体後方まで回り込ませたデザインとするなど。またスパイラル加工を施した大口径スポーツエキゾーストテールパイプや、10mm下がった車高。モデル専用の20インチマルチスポークアロイホイールとピレリ「P-Zero UHP」タイヤを組み合わせた。全長5290mm×全幅2118mm(ミラー含む)の最大級のボディサイズ、フルタイム4WD、6速ATが組み合わされる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
フライングスパー スピード 
(セダン)
ABA-BSBWR 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 5名 ----km/l 25,300,000

ベントレー コンチネンタル 2007年9月(平成19年9月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

W型12気筒を搭載するコンチネンタル・シリーズ(Continental)。V8 OHVを搭載するアルナージ・シリーズに対して、新世代のベントレーモデルといえる。クーペタイプの「GT」、オープンモデルの「GTC」、全長5310mmの大型4ドアサルーンタイプの「フライングスパー(Flying Spur)」。全モデル6L W型12気筒ツインターボエンジンを搭載。スペックは560ps/66.3kgmを発揮する。その他、610ps/76.5kgmのハイパワーを発揮する「GTスピード」(20インチホイール装着)を用意する。それにトルセンディファレシャル搭載の4WDシステムと、マニュアルモードとパドルシフトコントロールを備えた6速ATを組み合わせる。フライングスパーは5名定員、その他は4名。左右ハンドルが選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
フライングスパー 
(セダン)
ABA-BSBWR 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 5名 ----km/l 22,300,000
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BCBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 22,700,000
GTC 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BDBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 24,700,000
GT スピード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
ABA-BCBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 25,700,000

ベントレー コンチネンタル 2006年10月(平成18年10月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーコンチネンタル・シリーズに、新たにオープンモデルのコンチネンタル「GTC」を追加。クーペタイプの「GT」、4ドアタイプの「フライングスパー」があり、このモデルはクーペのオープンバージョンとなる。基本的なスペックは「GT」とほぼ同じで、6LのW型12気筒ツインターボエンジンを搭載。スペックは560ps/66.3kgmを発揮する。トルセンディファレシャル搭載の4WDシステムと、マニュアルモードとパドルシフトコントロールを備えた6速ATを組み合わせる。最上級のウッドパネルとレザーハイドで仕上げられた内装、ラジエーターに向かうフロントボンネットラインと、リヤバンパーへ流れるトランクリッドのラインを協調させて、前後のバランスを採った外装デザイン。7本のフレーム&ヒーター付ガラス製リヤスクリーンを組み込んだ3層構造のファブリックルーフを採用する。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GTC 
(オープン・カブリオレ・コンバーチブル)
ABA-BDBWR 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 23,950,000

ベントレー コンチネンタル 2005年6月(平成17年6月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

オリジナルのコンチネンタルフライングスパー(Continental Flying Spur)(1957年)は、当時最速を誇った4人乗りクーペから生まれた。この新型には、4ドアグランドツアラーとして、6L V型12気筒ツインインタークーラー・ツインターボチャージャーのエンジンを搭載。最大出力560PS、最高速度は310km/hに達する。6速トランスミッションと、全輪駆動でコントロールされる。全長5.3m×全幅1.9mオーバー、19インチホイールを採用する。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
フライングスパー 
(セダン)
ABA-BSBEB 5998cc 4 6AT フルタイム4WD 5名 ----km/l 21,950,000

ベントレー コンチネンタル 2004年4月(平成16年4月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーよりリリースされる、世界最速最強の4シーターカーと謳われるコンチネンタルGT。ジュネーブモーターショウにおいて一般に初公開、英国の最高峰のグランドツーリングの伝統に培われたすべての要素と、ベントレーのクラフトマンシップに加えて、最先端の技術の数々が融合された車である。Bピラーレスの2ドアクーペボディは、560psのパワーと66.3kgmのトルクを出力する、6L W型12気筒48バルブ+ツインターボエンジンを搭載。V型6気筒 2基を72度に組み合わせた基本構造はフォルクスワーゲン製だが、完全再設計し、わずか1600rpmで最大トルクを達成、最高速度は300km/h超、静止状態から100km/hまでの加速はわずか4.8秒を誇る。4輪駆動方式は、バドルシフト6速オートマチックとともにベントレー初の試み。サスペンションはダブルウイッシュボーンとリヤマルチリンク。車全体に配備されたセンサーから中央コンピュータに送られ、そのデータに従って指令するアジャスタブル電子式ダンパーを内蔵したエアスプリング式としている。リヤスクリーンとトランクリッドの接合点に、デザインと一体化する格納式リヤスポイラーがつく。インテリアは特徴的な左右対称のダッシュボードに、ブライトリングのアナログクロック、天然革張りとウッドパネルなど最高級を揃える。安全装備に関しても、デュアル&サイド&カーテンエアバッグ、ブレーキアシスト、電子式走行安定プログラム(ESP)など最高級を装備する。一方、コンチネンタルTは426馬力と88.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4速ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用する。インテリアはアルミニウム製のダッシュパネル。スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GH-BCBEB 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 20,895,000
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GF-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 41,475,000

ベントレー コンチネンタル 2003年3月(平成15年3月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーよりリリースされる、世界最速最強の4シーターカーと謳われるコンチネンタルGT。ジュネーブモーターショウにおいて一般に初公開、英国の最高峰のグランドツーリングの伝統に培われたすべての要素と、ベントレーのクラフトマンシップに加えて、最先端の技術の数々が融合された車である。Bピラーレスの2ドアクーペボディは、560psのパワーと66.3kgmのトルクを出力する、6L W型12気筒48バルブ+ツインターボエンジンを搭載。V型6気筒 2基を72度に組み合わせた基本構造はフォルクスワーゲン製だが、完全再設計し、わずか1600rpmで最大トルクを達成、最高速度は300km/h超、静止状態から100km/hまでの加速はわずか4.8秒を誇る。4輪駆動方式は、バドルシフト6速オートマチックとともにベントレー初の試み。サスペンションはダブルウイッシュボーンとリヤマルチリンク。車全体に配備されたセンサーから中央コンピュータに送られ、そのデータに従って指令するアジャスタブル電子式ダンパーを内蔵したエアスプリング式としている。リヤスクリーンとトランクリッドの接合点に、デザインと一体化する格納式リヤスポイラーがつく。インテリアは特徴的な左右対称のダッシュボードに、ブライトリングのアナログクロック、天然革張りとウッドパネルなど最高級を揃える。安全装備に関しても、デュアル&サイド&カーテンエアバッグ、ブレーキアシスト、電子式走行安定プログラム(ESP)など最高級を装備する。なお、初回納車は2003年10月、日本国内については、来春の納車開始予定となっている。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
GT 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
GH-BCBEB 5998cc 2 6AT フルタイム4WD 4名 ----km/l 19,900,000

ベントレー コンチネンタル 2002年10月(平成14年10月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーの2ドアのクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。2ドアでありながらもサルーンの快適さを備えるフル4シーター、ロールスロイスにはラインアップされないモデルである。ベントレーモデル中最高出力を誇るコンチネンタルTは426馬力と88.7kgm、コンチネンタルRは405馬力と84.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。コンチネンタルTはよりスポーツサルーン色が強く、出力をはじめ、短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用し差別化される。また、コンチネンタルRはウォールナットのウッドパネルと、コノリー社製のレザーで囲まれたまさに極上の空間ともいえるインテリアをもっているのに対し、コンチネンタルTはアルミニウム製のダッシュパネルを採用。スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルト等を標準で装着。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 39,950,000

ベントレー コンチネンタル 2001年2月(平成13年2月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーの2ドアのクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。2ドアでありながらもサルーンの快適さを備えるフル4シーター、ロールスロイスにはラインアップされないモデルである。ベントレーモデル中最高出力を誇るコンチネンタルTは426馬力と88.7kgm、コンチネンタルRは405馬力と84.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。コンチネンタルTはよりスポーツサルーン色が強く、出力をはじめ、短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用し差別化される。また、コンチネンタルRはウォールナットのウッドパネルと、コノリー社製のレザーで囲まれたまさに極上の空間ともいえるインテリアをもっているのに対し、コンチネンタルTはアルミニウム製のダッシュパネルを採用。スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルト等を標準で装着。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BB 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 35,500,000
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 39,500,000

ベントレー コンチネンタル 1999年11月(平成11年11月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーの2ドアのクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。2ドアでありながらもサルーンの快適さを備えるフル4シーター、ロールスロイスにはラインアップされないモデルである。ベントレーモデル中最高出力を誇るコンチネンタルTは426馬力と88.7kgm、コンチネンタルRは405馬力と84.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。コンチネンタルTはよりスポーツサルーン色が強く、出力をはじめ、短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用し差別化される。また、コンチネンタルRはウォールナットのウッドパネルと、コノリー社製のレザーで囲まれたまさに極上の空間ともいえるインテリアをもっているのに対し、コンチネンタルTはアルミニウム製のダッシュパネルを採用。スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルト等を標準で装着。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BB 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 38,000,000
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 42,500,000

ベントレー コンチネンタル 1998年6月(平成10年6月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

1991年に発表された、ベントレーの2ドアクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。ベントレー独自のモデルであり、ボディデザインは、エアロダイナミクスを取り入れた丸目4灯のフロントマスクを持つ全長5.37m・全幅1.88mの流麗なエクステリアとする。「コンチネンタルT」は426馬力、「コンチネンタルR」は389馬力を発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4速ATとする。コンチネンタルTは、シャーシを100mm短縮し、リアトレッドを35mm拡大、トルクは89.2kgmとスーパースペックを誇るモデルとなる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 39,000,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
---- 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 43,500,000

ベントレー コンチネンタル 1997年9月(平成9年9月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

1991年に発表された、ベントレーの2ドアクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。ベントレー独自のモデルであり、ボディデザインは、エアロダイナミクスを取り入れた丸目4灯のフロントマスクを持つ全長5.37m・全幅1.88mの流麗なエクステリアとする。「コンチネンタルT」は426馬力、「コンチネンタルR」は389馬力を発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4速ATとする。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BB 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 35,500,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 38,800,000

ベントレー コンチネンタル 1996年9月(平成8年9月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

1994年にベントレーのトップモデルとしてデビューした、コンティネンタルT。コンティネンタルRのホイールベースを100mm短縮、サスペンションにも徹底的なチューンを加えたスポーツモデル。エンジンはV型8気筒OHV 6747ccユニットにギャレット社製ターボチャージャーを装着、404馬力の最大出力とトルクは81.6kgmを発揮する。トランスミッションは、フロアシフト4速ATが組み合わされる。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BB 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 33,000,000

(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BU 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 35,500,000

ベントレー コンチネンタル 1992年12月(平成4年12月) 発売モデル

ベントレー コンチネンタル

ベントレーの2ドアのクローズドクーペモデルがコンチネンタルシリーズ。2ドアでありながらもサルーンの快適さを備えるフル4シーター、ロールスロイスにはラインアップされないモデルである。ベントレーモデル中最高出力を誇るコンチネンタルTは426馬力と88.7kgm、コンチネンタルRは405馬力と84.7kgmを発生する6.8L V8 OHV水冷式インタークーラーターボを搭載。組み合わされるミッションは電子制御のフロアシフト4ATで、スポーツとスタンダードの2つのシフトマップを持つ。コンチネンタルTはよりスポーツサルーン色が強く、出力をはじめ、短めの全長&ホイールベースと共に18インチホイールを採用し差別化される。また、コンチネンタルRはウォールナットのウッドパネルと、コノリー社製のレザーで囲まれたまさに極上の空間ともいえるインテリアをもっているのに対し、コンチネンタルTはアルミニウム製のダッシュパネルを採用。スポーツムードを高めるべく正面にタコとスピードの2つのメーターを、センターコンソール上には燃料、ブースト、水温、時計、外気温、電圧、油圧の7つのメーターが配置されている。安全装備としてデュアルエアバッグ、ABS、トラクションコントロール、プリテンショナー付きシートベルト等を標準で装着。ハンドル位置は左右どちらでもチョイスが可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BYD 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 39,000,000
 
(クーペ・スポーツ・スペシャリティ)
E-BYB 6747cc 2 4AT FR 4名 ----km/l 39,500,000

ベントレー コンチネンタルの車種カタログ情報ならGooWORLD