アバルト 500(ABARTH_500)カタログ・スペック情報・モデル・グレード比較

アバルト 500 2015年3月(平成27年3月) 発売モデル

アバルト 500

モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスとATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションを搭載。アバルトブランド「TFTメータークラスター」を採用。ドライバー席前に設置されるメータークラスターにTFT液晶パネルが収まり、スピードメーター、レブカウンターなど基本情報はもとより、燃料計、水温計、燃費計、さらにエコ運転を5段階で評価する「エコインジケーター」が表示される。さらに、「フィアット 500」をベースにしたスポーツモデルであるアバルトならではの特徴として、ドライブ中に発生するG(加速G/減速G/旋回G)を表示する「Gメーター」を搭載した。今回、価格改定を行った。ハンドルは、MTモデルは左右ハンドル、その他は右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 14.9km/l 2,862,000
ベースグレード ABA-312142 1368cc 3 5AT FF 4名 13.8km/l 3,024,000

アバルト 500 2014年10月(平成26年10月) 発売モデル

アバルト 500

モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスとATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションを搭載。今回、アバルトブランドとして初めて、「TFTメータークラスター」を採用。ドライバー席前に設置されるメータークラスターにTFT液晶パネルが収まり、スピードメーター、レブカウンターなど基本情報はもとより、燃料計、水温計、燃費計、さらにエコ運転を5段階で評価する「エコインジケーター」が表示される。さらに、「フィアット 500」をベースにしたスポーツモデルであるアバルトならではの特徴として、ドライブ中に発生するG(加速G/減速G/旋回G)を表示する「Gメーター」を搭載した。ハンドルは、MTモデルは左右ハンドル、その他は右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 14.9km/l 2,797,200
ベースグレード ABA-312142 1368cc 3 5AT FF 4名 13.8km/l 2,959,200

アバルト 500 2014年4月(平成26年4月) 発売モデル

アバルト 500

モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスとATモード付き5速シーケンシャルトランスミッションを搭載。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用。ハンドルは、MTモデルは左右ハンドル、その他は右ハンドルの設定。今回、消費税率の変更に伴い、価格変更を行った。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 14.9km/l 2,764,800
ベースグレード ABA-312142 1368cc 3 5AT FF 4名 13.8km/l 2,926,800

アバルト 500 2014年3月(平成26年3月) 発売モデル

アバルト 500

モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用。特別仕様車では、「グリージョレコード(Grigio Record)」(限定40台)を設定。今回、新たに5速シーケンシャルトランスミッション仕様を追加し、エントリーユーザーの方々への門戸を広げることが可能となった。搭載エンジンは、MT車同様1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンを採用。ハンドルは、MTモデルは左右ハンドル、その他はすべて右ハンドルの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 14.9km/l 2,688,000
ベースグレード ABA-312142 1368cc 3 5AT FF 4名 13.8km/l 2,845,500

アバルト 500 2013年4月(平成25年4月) 発売モデル

アバルト 500

モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用。特別仕様車では、「グリージョレコード(Grigio Record)」(限定40台)を設定。今回、左ハンドル仕様を追加し、左右ハンドルの設定とした。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 ----km/l 2,690,000

アバルト 500 2013年1月(平成25年1月) 発売モデル

アバルト 500

2007年に設立された新生アバルト(ABARTH)は、モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用。特別仕様車では、「グリージョレコード(Grigio Record)」(限定40台)を設定。今回、シートをレザーからファブリックに、エアコンをフルオートからマニュアルへ変更するなどの装備内容の見直しを行い、走りを追求するピュアスポーツモデルに変更。右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 13.9km/l 2,690,000

アバルト 500 2012年10月(平成24年10月) 発売モデル

アバルト 500

2007年に設立された新生アバルト(ABARTH)は、モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させた「アバルト500(ABARTH チンクエチェント)」。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1368cc 直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用。今回、特別仕様車「グリージョレコード(Grigio Record)」(限定40台)を設定。カルロ アバルト生誕100周年を記念して、2008年に世界限定100台(日本未導入)で発売されたZerocento(ゼロチェント)を彷彿とさせるカラーコンビネーションで、外装色には、ガンメタリックの新色である「グリージョ レコード」を、内装には、ブラウンレザーを採用。ダークグレー仕上げのホイールを特別装備する。ベースグレードは、左右ハンドル選択可能、特別仕様車「グリージョレコード(Grigio Record)」は、右ハンドルのみの設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
グリージョレコード ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 13.9km/l 2,990,000

アバルト 500 2010年6月(平成22年6月) 発売モデル

アバルト 500

2007年に設立された新生アバルト(ABARTH)は、モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させたアバルトチンクエチェント(ABARTH 500)。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1,368cc直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーを採用した。インテリアは、専用メーターパネルと、アナログ式の過給圧計、レッド/ブラックのレザーで仕上げられた専用デザインスポーツシート、下部がフラットなD形状とした3スポークのレザーステアリングホイールや、ラバーインサートの入ったアルミ製スポーツペダルなどを特別装備する。今回、ウォッシャー付バイキセノンヘッドライトを標準装備し価格変更を行った。ボディカラーは、ネロスコルピオーネ、ビアンコガーラ、グリジオカンポボーロ、ロッソオフィチーナ、ビアンコイリダートの全5色とした。左右ハンドル選択可能。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 ----km/l 2,990,000

アバルト 500 2009年10月(平成21年10月) 発売モデル

アバルト 500

2007年に設立された新生アバルト(ABARTH)は、モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、誕生させたアバルトチンクエチェント(ABARTH 500)。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1,368cc直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーといった、さらに特別なスポーティーなルックスをもつ。インテリアは、スポーティーなグラフィックの専用メーターパネルと、アナログ式の過給圧計、レッド/ブラックのレザーで仕上げられた専用デザインスポーツシート、下部がフラットなD形状とした3スポークのレザーステアリングホイールや、ラバーインサートの入ったアルミ製スポーツペダルなどを特別装備する。今回、新たに左ハンドル仕様車を設定し、左右どちらのハンドルも選択可能となった。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード  ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 ----km/l 2,950,000

アバルト 500 2009年4月(平成21年4月) 発売モデル

アバルト 500

2007年に設立された新生アバルト(ABARTH)は、モータースポーツを愛するすべての人々の夢にこたえて復活し、アバルトグランデプントに続く第2のモデルとして、新型のアバルトチンクエチェント(ABARTH 500)を誕生させた。伝説のシンボル的な存在である、現代のフィアット500をベースにし、1,368cc直列4気筒16バルブターボチャージドエンジンに、5速マニュアルギアボックスを装備。フロントエンドは、3つのパートからなるエアインテークの中央のインテークはベーシックモデルより大きな開口面積となり、ナンバープレート上方のアッパースロットの幅も拡げた。リアエンドは、ディフューザー一体型のリアバンパー、デュアルエキゾーストパイプ、リアルーフスポイラーといった、さらに特別なスポーティーなルックスをもつ。インテリアは、スポーティーなグラフィックの専用メーターパネルと、アナログ式の過給圧計、レッド/ブラックのレザーで仕上げられた専用デザインスポーツシート、下部がフラットなD形状とした3スポークのレザーステアリングホイールや、ラバーインサートの入ったアルミ製スポーツペダルなどを特別装備する。右ハンドル設定。

グレード

グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格
ベースグレード ABA-312141 1368cc 3 5MT FF 4名 ----km/l 2,950,000

アバルト 500の車種カタログ情報ならGooWORLD